赤ちゃんの固い体が柔らかくなると起こる、運動発達だけでない成長とは?

体を「感じる力」で赤ちゃんは「できた!!」を知る。

 

うちの子どもの体は何で固いんだろう?

小児科で聞いても病気ではないし、お医者さんも相談員のかたも

「とりあえず様子を見ましょうね」

というんだけど。

 

 

もったいない・・・もったいな過ぎます。

後からでも追体験できるけど、今だからできる

人生の中での大事な体験がたくさんあるのですから。

 

もちろん勝手に自由を得られるお子さんもいるのですが、

一方でなかなかそのきっかけを得ることが出来ないお子さんもいます。

り:はーとではそんな赤ちゃんの背中をたくさん

後押ししてきました。

 

 

赤ちゃんのからだが柔らかく・自由になるということは

単に寝返りや四つ這いといった運動の発達だけではないのです。

よく「成功体験が大事」とか「やった!出来た!」が大事といいます。

しかし、その「体験」に気がつくためには

自分自身の体を「感じる力」が不可欠なのです!

 

 

実は、感覚は受け身では入ってくることはありません。

私たちヒトは、自ら積極的に感覚を集めていく存在です。

自身も、外の世界も、「出来たの体験」も感覚して初めて気づくのです。

その一番大事な体の感覚は自分の体を自由に動かせることで

身についていきます。

赤ちゃんの成長には体への感覚の力が不可欠なのです。

 

だから、り:はーとでは

赤ちゃんの月齢や運動発達に合わせた「動き」ができやすいように

赤ちゃんの体を柔らかく、自由に動くようにサポートしていきます。

 

⇒り:はーとの子供向けレッスンの詳細についてはこちらからどうぞ

 

運動発達の向上はもちろんですが、

感受性豊かにとか、たくさんのことを感じて欲しいなと思ったら、

柔らかく自由に動く体が、赤ちゃんにとっても大切。

「様子を見ましょう」に不安を感じているお母さんは

一度こちらのフォームより、スタジオにご相談ください。


レッスンカレンダー・予約状況はこちら

出張レッスン、執筆・講演のご依頼はこちら

個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)