子ども向けレッスンの特長

フェルデンクライス・メソッド、シェルハブメソッドの手法に
理学療法士としての医学的な知識と療育の経験をいかして、お子さんの心身の可能性を引き出します。

どんな子どもに役に立つのか

それは「小さなつまずき」を持つ子どもと、障がいを持つ子どもです。

「小さなつまずき」を持つ赤ちゃん

「病気ではありませんが様子を見ましょう」と検診で言われて不安になったことはありませんか?
たなかはこれを「小さなつまづき」と呼んでいます。
赤ちゃんの「小さなつまづき」が本当のつまずきになる前に・・・。
下に紹介するような赤ちゃんへ、ただ「様子見」ではなく、実際に出来ることがあります!

スタジオで教師がレッスンするのと同時に、ご両親にも日常的に実践できる方法を説明します。

障がいを持つ赤ちゃん

り:はーとのレッスンは特定の病気の治療のためのものではありません。

先天的な病気や障がいの種類と関係なく、赤ちゃん自身の持つ潜在的な力を最大限引き出すことを助けます。
そのためあらゆる医療行為や治療法を妨げることなく、むしろその効果を高めると考えられています。

そして、このことには年齢の制限はありません。就園しても就学しても・・・成人しても関係なくお子さんの体と内面の成長・学びを助けます。

代表・教師のたなかは療育の場面でもこれらの考え方を応用しています。

様子を見ましょうと検診で言われる「小さなつまずき」を持つ赤ちゃんへ

体が硬い(筋肉や関節、または全身的に)

首が回らない(病的でない斜頸)

向き癖がある

背中を強く反らしている、抱っこが嫌い

なかなか寝返りをしない、うつ伏せが嫌い

片側にしか寝返れない

ずり這いができない

変な姿勢のずり這いやハイハイをする

ハイハイのしないで立ち上がる

ずっとずり這いしていてハイハイしない

シャフリング(すわりいざり)で移動する

立てるが後ろにひっくり返る

歩くようになったがよく転ぶ

これらのつまづきに出会った赤ちゃんは、たくさんの試行錯誤を積み重ね、感じて・・・その先のステップに進む自分だけの道(答え)を見つけ出していきます。

り:はーとのレッスンは本当の「つまづき」となる前に、赤ちゃんが新しい可能性を見つけ出すことを手伝います。

0~2歳児向けレッスン

「発達しやすい体づくり」をサポートします

月齢や発達に合わせた動きができるよう、赤ちゃんの「感じる力」を引き出しながら、やわらかく自由に動かせる身体感覚の体得をサポートしていきます。

詳しく見る

3歳児以降からのレッスン

「発達しやすい体づくり」をサポートします

本人の好奇心を大切にしながら、さまざまな遊びや運動体験を通じて、身体の成長可能性を広げていきます。並行して、自信や心の調和の獲得も目指します。

詳しく見る