実は、筋肉はものすごく感じるセンサー=体の感覚の正体。

脳と筋肉はいつも会話をしています!?本当です!

「筋肉」って聞いたとき、皆さんはどんな役割を想像するでしょうか?

モーター?

エンジン?

それともばねやゴムですか?

筋肉に対してまず最初に感じるイメージは「動かすところ」なのではないでしょうか?

ところが筋肉には非常に高性能なセンサー

「きんぼうすい」=筋紡錘がついています!

 

この筋紡錘くんは・・・

筋肉の長さやつっぱり具合を常に脳へ伝えています。

さらにこのセンサーが働くためには、脳からセンサーの長さを整える

情報が伝わったりと・・・。

実は脳と筋肉は何重にも、たくさんの対話をしているんです。

しかも・・・

400個以上あるといわれる筋肉たち全てと、ずっとすき間なく!

これらの情報は私たちが「体の感覚」と呼ぶものに大切な一部です。

 

 

脳でミックスされて、自分の姿勢や動き、そのイメージ

などを感じるための重要な役割をしています。

フェルデンクライス・メソッドによる「動きを通じての気づき」は

まさにこの脳と筋肉たちの対話によって起こっていそうですね!

⇒フェルデンクライス・メソッドのブログ記事はこちらから。


レッスンカレンダー・予約状況はこちら

出張レッスン、執筆・講演のご依頼はこちら

個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)