10年以上の経験を持つ「理学療法士」が世界的に評価の高い
「フェルデンクライス・メソッド」でこころと身体のお悩みを解消いたします。

RehaArt(り:はーと)は、リハビリ+ハート+アートの造語です。人に触れるという行為を考えたとき、私が特に心を配っている3点を組み合わせました。
悩みを抱える方が新しい気付きを得てより快適な生活を送ることを目指す場所になって欲しい。そんな願いも込められています。
当店は看板も目印もない、ビルの1室にあるプライベートサロンです。

1室すべてがあなただけの空間。
まわりを気にすることなく、ゆったりとご相談いただけます。
接客・レッスンも代表である私自身が行います。

「自分でできた!」という自己効力感や、「もっとできるかも!?」という未来への期待を感じている際、子どもは驚くほどの集中力を発揮します。本人が満足ゆくまでこの瞬間をしっかり見守り、その子が持つ可能性を引き出していくことが私たちプラクティショナー(教師)の役割です。

子どもの「今」と「個性」を大切にしながら発達を手助けし、周りの人や世界と関わって生きていく力や自信を養うためのサポートを行ってまいります。

プロフィール

田中大祐 Daisuke Tanaka

1976年 千葉県浦安市生まれ。
都内高校を卒業後、母のリウマチ、自身の中学からのひざの故障をきっかけに、リハビリの国家資格「理学療法士」を取得。10年間に渡り脳外科・神経内科・整形外科のリハビリに従事し、のべ5万人の治療にたずさわる。フェルデンクライス・メソッドにとの出会いにより、4年間におよぶフェルデンクライスの国際トレーニングに参加。プラクティショナ―(教師)資格を取得し、RehaArt(り:はーと)を開設。

理学療法士としての知識・経験と、感性にひびく繊細なタッチで、お客様に新しい動きと感覚を提供し続けています。つねに最高のレッスンを! いつも笑顔で感謝の気持ちを忘れずに、さらなる向上を目指し邁進中。

<趣味>
読書・社交ダンス(まだまだ初心者)
<性格>
おおらかでおだやか
<好きなこと>
健康に関すること・誰かの役に立つこと
<長所>
ゆっくり待てる、大きな手・細い指、いつも笑顔
<短所>
心配性なところ
<似ている有名人>
笑顔の松阪大輔投手ですかねー。

所有資格

Aus-TAB(オーストラリア、フェルデンクライス・メソッド教育者資格認定機関)公認
フェルデンクライス・メソッド プラクティショナー(Feldenkrais Method Practioner)
理学療法士
IPNFA公認PNFLevel1・2終了
IBITA(Bobath法国際成人インストラクター/チューター会議)公認
NDT(ボバースセラピスト、成人片麻痺