赤ちゃんの体が固いと何が困るの??

幼い赤ちゃんにとって、固くない自由な体がいかに大事なのかをお話しします!

 

「赤ちゃんも肩こりで困るのかしら??」

たなかも講師をしている目黒の子育て支援クラスで

聞こえてきたお母さんの生の声です。

 

 

確かに・・・

まさか赤ちゃんは「肩が凝ったよ~」とか

「腰が痛いよ・・・」とか言いませんよね。

それでは、いったい赤ちゃんの体が固いといったい何が困るのでしょう?

 

赤ちゃん=人間の学び・発達は土台となる体の発達から起こる

赤ちゃんの体の固さは、心身の発達のジャマをする。

 

赤ちゃんは好奇心のかたまりです。

自分には「体がある」こと、

そしてそれが動かせることに気がつくと・・・

いつまでもいつまでも、飽きることなく研究に没頭し始めます!

(実はここまで段階が苦手な赤ちゃんもいて・・・別記事で紹介します)

 

 

無限に近いほどの

たくさんの動きのバリエーションを経験することで

赤ちゃんは文字通り自身の体の動きを「体得」するのです。

さらにそのことは、知性やこころの発達も促します。

 

もしも体が固いと・・・

偶然でも、とにかく動きが生じないこと

はだや筋肉の感覚を感じ取りにくくなること

この2つのことが、赤ちゃんが探求心を発揮して

自らの体を学ぶ機会をじゃまするのです。

 

だから、肩こりなんてないでしょう~なんて軽く考えず

赤ちゃんの様子を注意深く見て上げて欲しいのです。

り:はーとで赤ちゃんの体を柔らかく、

自由な発達が出来るように準備するサポートを行っています!

 

 

 

もしも、うちの子は

何だか目だけキョロキョロしてるのに

体がなかなか動かないな・・・と思ったら

こちらのフォームより、ぜひ出来るだけ早くご相談ください。

り:はーとの子ども向けレッスンの詳細はこちらから


レッスンカレンダー・予約状況はこちら

出張レッスン、執筆・講演のご依頼はこちら

個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)