体が固い・夜泣きがひどい・・・そんなご相談にもお答えします。

体の緊張と感情の興奮はいっしょにやわらかになります!

 

「とても身体が固く、抱っこがし辛いのです。

また眠りも浅かったり、反り返りが強かったり、

突然ギャーと激しく泣き続けることがあり困っています。」

毎日癇癪のような泣きが続き、日中もなかなかぐっすりと寝ないので私も焦ってしまって・・・

こんな相談を頂きました!

実際にこのようなお子さんとレッスンを行ない抱っこをしていると

普段は寝れないような横向きの抱っこでも

赤ちゃんは田中の胸の中で

スヤスヤと寝てしまったりします。

赤ちゃんの体が固くて心配しているという相談をたくさんいただきますが

それでは・・・

本来赤ちゃんの体が「柔らかく」なった方が良いのは何のためでしょう?

それは、ヒトにとって体は

「感覚・感情・思考・そして運動」

すべての発達の土台だということと関係しています。

からだの固い今の状態は

身体・感情ともに緊張・興奮しているということ

まるで「嵐の中」

 

赤ちゃん自身は「なにやら正体の分からない」

そんな興奮と混乱に振り回されてしまうということです。

きっと、この状態は赤ちゃんにとって

とても不快なことでしょう。

自分自身のからだを感じ取って、緊張から解き放たれるという経験は

赤ちゃんの脳を穏やかにするということと同じです。

落ち着いて赤ちゃんが、自身の感覚と向き合い、

そして次のステップへ発達していく。

そのための方法をり:はーとでは赤ちゃんに提供するととも

「お母さんにお家で実践していただける」

ようにサポートしています。

 

きっと驚くはずですよ!

赤ちゃんの体の固さ、そして夜泣きにお困りのお母さんは

ぜひ一度こちらのフォームよりスタジオでレッスンを申し込み

体験してみてください!

赤ちゃんの発達に関するブログ記事はこちらから

り:はーとの子ども向けレッスンの詳細についてはこちらから


レッスンカレンダー・予約状況はこちら

出張レッスン、執筆・講演のご依頼はこちら

個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)