体が固い、または柔らかい赤ちゃん向けマッサージや指圧と何が違いますか?(前編)

「指圧」や「マッサージ」との違いについて相談を頂きました。

 

り:はーとで行なう赤ちゃんのタッチは、

柔らかくすることが「ゴール」なのではありません。

 

 

それでは赤ちゃんにとって本当に大切なことは、いったいどんなことだと思いますか?

「指圧」や「マッサージ」との違いについて

それは大きく2つのことで違うとたなかは考えています。

 

①働きかける意図や、場所が違うということ。

 

シェルハブメソッド、及びそのもとになっているフェルデンクライスは、

「相手の脳」に働きかけることを目的としています。

筋肉はエンジンのように動く原動力にもなりますが、

同時にすべての筋肉は脳と1対1でつながっている感覚器官でもあります。

そしてその個々の感覚(筋感覚・皮膚などの感覚=固有感覚)は

脳の中で統合されて「ボディーイメージ(体の地図)」を作る原型になります。

 

 

「自分自身の体が動く」という感覚は、大人には当たり前でも・・・

赤ちゃんには「生まれてから養う」ものです。

筋肉の硬さも、逆に柔らかさもこれら養うことをジャマしてしまうでしょう。

 

だから、筋肉の緊張度合い(筋緊張)を整えるようなタッチを行ないます。

実はそれは・・・

 

今赤ちゃんを不快にしている過剰な(身体・感情の)緊張をやわらげること

自身の体に気づく感覚を体感すること

 

これらを関係しているはずなので、赤ちゃんの脳に良い影響をもたらす。

 

 

しかし、それはマッサージや指圧とは幾分違うやり方です。

でも、一回レッスンを受ければお母さんにもたやすく出来るやり方ですし、

できたら毎日してあげて~~とこちらからもお勧めすると思います。

でも・・・実はもう1つの理由の方が重要です

続きは次回の記事で紹介します。

体が固い、または柔らかい赤ちゃん向けマッサージや指圧と何が違いますか?(後編)


レッスンカレンダー・予約状況はこちら

出張レッスン、執筆・講演のご依頼はこちら

個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)