肩こりや首のこり・痛みを軽減させる姿勢とは?

■骨で頭を支える姿勢で立つ

 

特に筋肉の緊張によってコリ・張り・痛みが現れる方の場合・・・

いくらマッサージを繰り返しても、すぐに元に戻ってしまう

 

Rear view of a young woman touching her back

 

慢性的な症状に悩まれていることと思います。

本来、筋肉は「ずっと働き続ける」のが難しいのです。

コリ・張り・痛みは筋肉で頭の重さを支え続けようとした結果起きてくるとするなら、

では、本当はその重さはどこで支えられたら良いのでしょうか?

そのヒントは海にプカプカとただよっています。

 

Magnifiques mduses dans l'eau

 

突然ですが、ここでちょっと「くらげ」を思い出してみましょう!

そう、あの夏の終わりの海岸に打ち上げられている「あれ」です。

海のなかでは自由に漂う彼らも、地上に上がるとカタチを保てず

「ぐにゃっと」しています。

彼らが自分のカタチを保てないのは、「骨」がないからです。

そう、私たちの体の重さは本来「骨」つまり骨格によって支えられる必要があるのです。

それが難しい姿勢でいるので肩や首の周りの筋肉たちは

ずっと働かされて悲鳴をあげてしまうのです。

 

必要なのは骨格で支えること

それは、ごく簡単に図で書けばこういうことです。

屈筋伸筋図

しかし、実際の人間ではこんな簡単にこうはなりません。

骨格のカタチも、筋力も、生活習慣も、仕事や、運動歴も、あなたが生きてきた歴史も

一人として同じ人はいません!

だから、一般的な体操や良い姿勢のまねでは姿勢が変わることがないのです。

 

フェルデンクライス東京スタジオ り:はーとでは

あなたのためだけのドレスやスーツをオーダーメイドで仕立てるように

マンツーマンで、自分自身が一番楽な姿勢を探します。

 

SONY DSC

 

姿勢にゆっくりと、でも確実に変化が表れてくると・・・

あなたを悩ませてきた慢性的なコリ・張り・痛みは同時に忘れてしまうでしょう。

この記事を読んで、今年こそずっと悩んできた自分を何とかしたいと感じたら

こちらのフォームより体験レッスンをお申し込みください。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)