子どもの順調な発達と、成長の可能性を拡げるお手伝いをします。

り:はーとのキッズ・レッスンでは、お子さまの順調な発達と成長を支援する「シェルハブ・メソッド」を用いたプログラムを用意しています。一人ひとりに合った方法で子どもの可能性を無理なく引き出し、体と心の両方に働きかけてまいります。

シェルハブ・メソッドについて

「シェルハブ・メソッド」は40年以上にわたって構築されてきた「フェルデンクライス・メソッド」の知見をベースに、クライス博士の弟子であるシェルハブ博士が創設したメソッドです。日本でも保育や教育業界を中心に、広がりを見せています。

り:はーとの代表・田中大佑はこのフェルデンクライス・メソッドの公認プラクティショナーで、20年間以上、医療施設で理学療法士とした勤めた経験も持ちます。運動や発達に不安のある子どもの動きや感覚に的確に働きかけることで、順調な運動の発達を促し、身体的・知的な成長の可能性を高めるお手伝いを行っていきます。

子どもや親御さんにとって何がいいの?

シェルハブ・メソッドは、脳や体の発達の勢いを生かして、子ども本来の力を発揮できるよう促す手法です。大人が上手にきっかけを与えることで、子どもは次の発達段階へと順調に進みやすくなります。
その子ができることを増やす取り組みをしますが、「なんでもできる」という意味での「普通」を目指す手法ではありません。育ちが気になる子どもやその親御さんの両方に寄り添いながら、運動面だけでなく、お子さまの心の調和や自尊心の獲得にもつなげていきます。

どんなレッスンをするの?

「その子」に合ったパーソナルレッスンだから、楽しく続けやすい

り:はーとのキッズ・レッスンは必ず親御さんと一緒に行い、遊びと動きの体験をベースに、お一人おひとりの状態に合わせたオーダーメイドなプログラムを実践します。毎回、レッスン冒頭にお子さまとお話しし、そのとき興味を持っていることに基づいて「学び」を導きだす形で、その日のテーマを検討します。

そしてレッスンを通じて、「身体運動の質的発達」「調整能力の向上」「身体と空間の認知」「他者への関わりの変化」などの可能性を探り、次のステップへ向かうための身体的・心理的サポートを行っていきます。体に触れるサポートに関しては、フェルデン・クライスの手法に基づき、非常にやさしく安全に実施します。

受講した親御さんの声

●体の動きが向上し、性格まで明るくなりました

初レッスンから身体の動きに向上があり、公園遊びや体育の授業、休み時間の様子を見ていても、体の使い方が上達したと感じます。本人も思ったとおりに体を動かせるのがうれしいようで、毎回レッスン後はとびきりの笑顔で、性格も明るくなったように感じます。(5歳・男の子)

●本人に寄り添ったレッスン。視覚過敏も改善

感情のコントロールが難しい子ですが、本人の意志を優先したメニューのため、レッスンを継続できています。体の姿勢、手や足の使い方、目で見たものと体の対応など、何が不器用だったのか、親ではわからなかったことを1つひとつ改善いただいています。視機能、視覚過敏が改善したと感じます。(14歳・男の子)

●打ち解けやすい先生で、飽きずに楽しく続けられます

初めての環境は緊張する子ですが、早いうちに先生と打ち解けていました。本人のやりたい活動から始めて、子どもの不器用の根本にアプローチする体験を楽しく行っていくレッスンなので、飽きずに楽しそうに取り組んでいます。身体もしっかり支えられるようになりました。(8歳・女の子)

代表からのメッセージ

「自分でできた!」という自己効力感や、「もっとできるかも!?」という未来への期待を感じている際、子どもは驚くほどの集中力を発揮します。本人が満足ゆくまでこの瞬間をしっかり見守り、その子が持つ可能性を引き出していくことが私たちプラクティショナー(教師)の役割です。子どもの「今」と「個性」を大切にしながら発達を支援し、周りの人や世界と関わって生きていく力や自信を養うためのサポートを行ってまいります。