本当はやさしさのスイッチ!赤ちゃんの「発達」って聞くと不安になるお母さんへ(前編)

赤ちゃんの発達を知ると、2つの理由でもっともっと赤ちゃんに優しくなれる!

 

最近ネットを中心に「発達障害」という言葉が

たくさん聞かれるようになりました。

片方へしか寝返らない・・・まさか発達障がい?

お母さんとお子さんの成長をサポートする相談では

たくさんのネットの情報をしらべて

「うちの子は発達障がいなのですか?」との質問を頂くことも多いです。

 

 

そもそも言葉が先行していますが、そもそも「発達」は怖いものではありません。

むしろ逆です!!

赤ちゃん・子どもの発達を知っていくと

2つの理由でずっとずっと子どもたちに優しくなるのです!!

 

1、「出来ないことより、出来ることが見える」

お父さんもお母さんも・・・

つい、子どもの「できないこと」をみて不安になったりしませんか?

発達について分かっているほど・・・

赤ちゃんの小さな変化・学びに気がつくようになる

 

 

今「できないこと」よりも

「できるようになったこと」に気がつくようになります!

目黒区と江東区で開催している子育て支援の「かしこい体」クラスでも、

築地のスタジオでも、ご両親には、この「小さい変化・学び」に気がつく

 

 

そんな目を養ってもらえるようにいつもお話をしています。

また、その先にある・・・もうチョットで「できること」が分かると

それを子どもたちの発達の後押しに活用することが出来ます。

長くなってきたので、2つの理由の続きは後編の記事にて!

その他の赤ちゃんに関する記事はこちらから

子ども(就園児くらい)に関する記事はこちらから

スタジオでの赤ちゃん・子ども向けのレッスンについてはこちらから


レッスンカレンダー・予約状況はこちら

出張レッスン、執筆・講演のご依頼はこちら

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)