赤ちゃんの体が固い⇒柔らかくなると、どんなに良いことがあると思いますか?

「体が動くこと」が赤ちゃんの脳を育てる

 

赤ちゃんの体にいつも触れていて気付かなくても・・・

たまたま、ママ友の会で知り合いの赤ちゃんを抱っこしたら

「うちの子とぜんぜんちがう」

うちの子どもは、何でこんなに体か固いんだろう?

お母さんのこんな経験が、赤ちゃんの体の固さに気づくきっかけだったりします。

赤ちゃんは大人のように肩こりや腰痛で困ることはありません。

しかし、もっと大事なことがあります。

それは赤ちゃんの発達は、

全て「動く」そして「感じる」ことから始まるということです。

つまり赤ちゃんの体が適度に柔らかいということは

体と脳(知性や感情)の発達にとっても役立つことなのです。

ここでいう発達は、表面的な体の動きではなく

「脳の発達」つまり身体・知的な面・感情の面全てに共通です。

遊んで、自由に動いて、

そして視覚・聴覚・触覚・前庭感覚(バランス)・固有感覚(体の位置や運動)

たくさんの感覚体験たちを脳に取り入れていきます。

その結果「できた」の喜びの感情に気がつき

また遊んで・自由に動くという良い循環になっていく!

だから・・・

赤ちゃんは肩こりに困ることはありませんが、

自由に動けると、脳の発達をズイズイっと前へ進めるのです!

フェルデンクライス東京スタジオ り:はーとでは

こういった赤ちゃんの体の固さへの悩みのご相談に乗ったり

直接のレッスンにとって、動きの発達を後押しする

取り組みを行っています。

こちらのフォームよりぜひご相談ください。

また、り:はーとの子ども向けレッスンの詳細はこちらからご確認頂けます。

 


レッスンカレンダー・予約状況はこちら

出張レッスン、執筆・講演のご依頼はこちら

個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)