H30年9月の休業日・営業日のご案内

9/21(金曜)~10/3日(水曜)研修参加のためお休みします!

 

平素よりフェルデンクライス東京スタジオ り:はーとを

ご愛顧頂き誠にありがとうございます。

このたび当店は平成30年9月21日~10月3日の期間

少し長いお休みを頂くことになりました。

 

その期間のお問合せやご予約についてはメールにてお申し受けいたします。

「より根本的な・根源的なヒトの動きの変化と関わるために」

島根県松江で開催される「シェルハブ・メソッド」の

正式なトレーニングに参加するためです。


フェルデンクライス・メソッドをベースにハバ・シェルハブ博士の開発したシェルハブ・メソッドは、赤ちゃんの動きや感覚に働きかけ、順調な発達を後押しするための新しい手法です。

シェルハブ・メソッドについてはこちらのHPもごらんください。


たなかは赤ちゃんのことを勉強することで、

赤ちゃんだけでなく、大人の方へのレッスンの考え方が

大きく変化したと感じています。

「より根本的な・根源的なヒトの動きの変化と関わるために」

だからこれから2年半の体験で

自分に関わるクライアントの皆さまに

たくさんの変化を還元できるようにますます頑張っていきたいと思います。

たくさんのご迷惑をおかけしますが、

今後ともフェルデンクライス東京スタジオ り:はーとを

ぜひご愛顧頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

たなかだいすけ

8月19日(日曜)フェルデンクライス・グループ(ATM)レッスン<講師:遠藤先生>の詳細

平成30年8月19日(土曜)開催のグループレッスンの詳細を紹介します。

 

こんにちはグループレッスンを担当します遠藤です。

今回のレッスンのテーマは「立つ・座る」を楽に!

座るとき、思わず「ドッコイショ」などと出てしまうことはありませんか?

今回のテーマは「立つ」「座る」です。

 

日常の中で、私たちは、たくさんの「座る」という動作をします。

食事をするときのテーブルやリビングのソファ、

お風呂で、

トイレの便座で。

またオフィスのデスクで。

「座ろう」と頭で考え実際に「座る」という動きをする。

この「座る」こと・・・

実は絶妙なタイミングや力の角度、オペレーションがあって、初めてできています。

私たちは忘れてしまっていますが、これを子供のころに習いました。

しかし、たとえば年をとって脚力が衰えてきたり、膝に痛みがあったり、

障害がなくても、とても疲れているときには・・・

おしりから座面にドン着くようになり、坐ることはとてもつらくなったります。

それでは筋力に頼らず、よりスムーズにどちらの方向からも

立ったり座ったりするには、どうすればよいでしょう??

それは「あるもの」を味方につけると、とても簡単になります!!

レッスンの中であれこれ試しながら、

「楽に」「自由に」座る方法をみんなで探ります。

 

 


開催日  8月19日(日曜)

時間   10:30~12:00

会費   3000円

講師   遠藤玲子 先生

定員   5名

※お持ち頂くもの
ハンドタオルやスカーフなどをご持参ください。

お問合せ・お申込みはこちらのフォームより


今月は都合が合わなかった方は

こちらのカレンダーより9月と以降の予定もご確認頂けます。

 

ATMはフェルデンクライス・メソッドのグループレッスン

Awareness Through Movement (動きを通じての動き)のことです。

フェルデンクライスには、

大人になってからはしなくなった動きや、

あまり日常ではやらない簡単な動きがたくさん含まれています。

 

SONY DSC

 

やってみるとわかるのですが、

自分で思う以上にどんなかたの身体も、いろいろなことをもともと知っています。

そういまからでも、十分、自由に動けるようになります!

動くときの気持ちも、ずっと気にならなくなっていくでしょう。

子どもの将来のために・・・お子さんの肩こりや腰痛に悩むお母さんへ

子どもの将来にとって本当に大事なのは「からだ」の使い方や姿勢です。

 

子どもの幸せな将来のために贈れるのはいったい何でしょう?

ピアノが弾けること?

ダンスが踊れること?

塾でのお勉強?

 

それらもお子さんの将来に何かの良い影響を及ぼすでしょう!

ですが、それらに匹敵する、

いやそれ以上に大切なものがあるのでないか?

何でこんな年齢のお子さんが腰痛を、そして肩こりを感じるのか?

子ども向けレッスンで多くのお子さんを見ていて、

たなかはそう感じるのです!

 

 

健康で、将来自分のやりたいことを妨げない・・・

そんな体こそ

本当に一番わが子に贈るべき財産なのではないでしょうか?

り:はーとの子ども向けレッスンは、完全オーダーメイドです。

発達のプロセスの中でその子の特徴をとらえ

不足を補い、体を自分の思い通りに使う新しい体験を提供します。

 

 

お子さんの体の不調を、原因から何とかしたい!

そして、お子さんのみらいに健康で自由な体を贈りたい!

そんな風にお考えのご両親は、まず無料のメール相談にお問合せ下さい。

⇒り:はーとの子ども向けレッスンの紹介はこちらから

⇒乳幼児の発達に関する記事はこちらから

⇒子どもの運動の苦手さや姿勢の崩れなどに関する記事はこちらから

本当はやさしさのスイッチ!赤ちゃんの「発達」って聞くと不安になるお母さんへ(後編)

赤ちゃんは今まさに学んでいる!発達=遊び・学ぶこと

 

赤ちゃんの発達を知ると、2つの理由でもっともっと赤ちゃんに優しくなれる!

この後編の記事です。

今回はなんで赤ちゃんの発達を知ると、もっともっと優しくなれるのか?

この2つ目の理由です。それは・・・

発達には一定の「順序性」と「方向性」といった法則があるということです。

 

 

だから、一見するとジタバタとうまくいかない動きを見かけても・・・

 

 

赤ちゃんが今まさにどんなチャレンジをしているのか?

どうやってこの世界で生きて行こうとしているのか?

 

そんな目でお子さんを見ることが出来るようになります。

すると・・・

あともうチョットで「できるようになるかもしれない」

そんなことに気がつくので、お子さんを応援できるようになるのです!

 

 

停滞しているのではなくて、

いろんなやり方を今まさに学んでいるのかもしれません!

お母さん、ゆっくりと赤ちゃんの発達について考えていきませんか?

り:はーとのレッスンでは、

つねにお母さんに分かりやすいように、

赤ちゃんの今まさにチャレンジしていること

もっとできるようになることをお伝えしています。

 

 

うちの子は「発達障害」だったりしないかしら・・・?

と心配している多くのお母さんは、正確な情報を得ることで

ホッと安心することができるにちがいありません。

うちの子は・・・と心配になっているお母さんへ

まずは、無料のメール相談にお問合せ下さい。

まずはそこで、できる限り正確な情報を提供していきます。

⇒り:はーとの子ども向けレッスンの紹介はこちらから

⇒乳幼児の発達に関する記事はこちらから

本当はやさしさのスイッチ!赤ちゃんの「発達」って聞くと不安になるお母さんへ(前編)

赤ちゃんの発達を知ると、2つの理由でもっともっと赤ちゃんに優しくなれる!

 

最近ネットを中心に「発達障害」という言葉が

たくさん聞かれるようになりました。

片方へしか寝返らない・・・まさか発達障がい?

お母さんとお子さんの成長をサポートする相談では

たくさんのネットの情報をしらべて

「うちの子は発達障がいなのですか?」との質問を頂くことも多いです。

 

 

そもそも言葉が先行していますが、そもそも「発達」は怖いものではありません。

むしろ逆です!!

赤ちゃん・子どもの発達を知っていくと

2つの理由でずっとずっと子どもたちに優しくなるのです!!

 

1、「出来ないことより、出来ることが見える」

お父さんもお母さんも・・・

つい、子どもの「できないこと」をみて不安になったりしませんか?

発達について分かっているほど・・・

赤ちゃんの小さな変化・学びに気がつくようになる

 

 

今「できないこと」よりも

「できるようになったこと」に気がつくようになります!

目黒区と江東区で開催している子育て支援の「かしこい体」クラスでも、

築地のスタジオでも、ご両親には、この「小さい変化・学び」に気がつく

 

 

そんな目を養ってもらえるようにいつもお話をしています。

また、その先にある・・・もうチョットで「できること」が分かると

それを子どもたちの発達の後押しに活用することが出来ます。

長くなってきたので、2つの理由の続きは後編の記事にて!

その他の赤ちゃんに関する記事はこちらから

子ども(就園児くらい)に関する記事はこちらから

スタジオでの赤ちゃん・子ども向けのレッスンについてはこちらから

7月15日(日曜)フェルデンクライス・グループ(ATM)レッスン<講師:吉田先生>の詳細

フェルデンクライスのグループレッスン(ATM)

平成30年7月15日(日曜)開催のグループレッスンの詳細を紹介します。

グループレッスンを担当します吉田です!
吉田先生のプロフィール

今回のテーマは「目と全身のつながり」です。

 

 

視覚から得る情報はとても多く、知らず知らずの内に

目の動きが習慣化されていることがあります。

穏やかに目の動きの可能性を探索することで

快適な動きを引き出していきます。

■パソコンやスマホの見過ぎで疲れ目。

■首回りが硬い感じがする。

■背中の張りが強い。

といった方にオススメです。ぜひご参加下さい。


開催日  7月15日(日曜)

時間   13:30~15:00

会費   3000円

講師   吉田圭佑 先生

定員   5名

お問合せ・お申込みはこちらのフォームより


今月は都合が合わなかった方は

こちらのカレンダーより7月と以降のグループ予定もご確認頂けます。

 

ATMはフェルデンクライス・メソッドのグループレッスン

Awareness Through Movement (動きを通じての動き)のことです。

フェルデンクライスには、

大人になってからはしなくなった動きや、

あまり日常ではやらない簡単な動きがたくさん含まれています。

 

SONY DSC

 

やってみるとわかるのですが、

自分で思う以上にどんなかたの身体も、いろいろなことをもともと知っています。

そういまからでも、十分、自由に動けるようになります!

動くときの気持ちも、ずっと気にならなくなっていくでしょう。

 

7月8日(日曜)フェルデンクライス・グループ(ATM)レッスン<講師:遠藤先生>の詳細

平成30年7月8日(土曜)開催のグループレッスンの詳細を紹介します。

 

こんにちはグループレッスンを担当します遠藤です。

今回のレッスンのテーマは「肩の動きでからだほぐす」

フェルデンクライスが一番関心があるのは、人のからだの動きです。

 

 

カラダの動きには、100人いたら100人の違った個性があります。

極端な話、たとえば、不安や緊張とともに過ごす時間の

多い人は、そのように動いたり、一定の姿勢をとることが多くなりますし、

そして、それが普段のその方の考え方のくせと連動していることもあります。

重要なことは、これがほとんど無意識であるということです。

結果、その人独自の決まった動きが多くなるので・・・

 

 

これが長く続くと、何が起きたかはわからないけれども、

■肩が凝る

■首が凝る

■腰が痛い

といった症状として現れて、私たちはそれだけを自覚していたりします。

でも、私たちは、本来はもっとたくさんのパターンの動きができます。

これは、今の人の性格や、年齢、生活スタイル、国籍がどんな人であろうと、

地球上に生まれた動物として、赤ちゃんだったときはみんなが持っていた

私たちが本来持っている動き能力です。

フェルデンクライスのレッスンは、

その人の日常でやっていない動き

大人になってからはやっていない動き

をカラダと脳が思い出せるように作られています。

その動きは「できない」のではなく、忘れてしまっているだけ。

 

 

運動神経もも年齢も何も関係ありません。、

今回は、前回に続き、肩をテーマに、
いろいろなパターンの動きを体験するレッスンをします。

肩こりの方にも最適です。

カラダの声を聴いて、ゆったり動かしてリラックスしながら、

ご自分がどれだけ本来は自由に動けるのか、

発見していきましょう。


開催日  7月8日(日曜)

時間   10:30~12:00

会費   3000円

講師   遠藤玲子 先生

定員   5名

※お持ち頂くもの
ハンドタオルやスカーフなどをご持参ください。

お問合せ・お申込みはこちらのフォームより


今月は都合が合わなかった方は

こちらのカレンダーより6月と以降の予定もご確認頂けます。

 

ATMはフェルデンクライス・メソッドのグループレッスン

Awareness Through Movement (動きを通じての動き)のことです。

フェルデンクライスには、

大人になってからはしなくなった動きや、

あまり日常ではやらない簡単な動きがたくさん含まれています。

 

SONY DSC

 

やってみるとわかるのですが、

自分で思う以上にどんなかたの身体も、いろいろなことをもともと知っています。

そういまからでも、十分、自由に動けるようになります!

動くときの気持ちも、ずっと気にならなくなっていくでしょう。

子どもの肩こりや腰痛は勉強を邪魔!⇒体の発達からサポートします。

子どもが集中しやすい体とは、どんなものなのでしょう?

 

子どもが机に向かって勉強しているときに

肩こりや腰痛を訴えている・・・なかなか集中できない。

子どもをマッサージ屋さんに連れて行くのも変だし、

整体は子どもことを知っているのか不安だな・・・

でも整形外科に行ってもお薬が出るくらいかな。

 

 

子どものうちに学んでおく必要があるのは、勉強だけではありません。

子どもの肩こりや腰痛・・・

そして集中力を維持するためには

「お子さんの体の支え方、そして使い方」が大事なのです!

このからだの使い方や支え方がうまくなるようなレッスンを続けると、

運動が上手になったり

集中力を発揮しやすくなったり

自分のことに自信を持てるようになったり

そんなうれしいお子さんの変化も期待することが出来るかもしれません。

肩こりや腰痛が勉強を邪魔しなくなる、そのついでに!?

 

 

これは、大人の体の知識だけでサポートすることは出来ません。

大人のように固い体をマッサージしたり、ストレッチしたり

整体のように「ゆがみをとる」ことよりも・・・

赤ちゃんの頃から培われるはずの

どのように「自分の体の支えるのか?」をチェックして

必要な動きを運動や遊びの中で、追体験する必要があります。

 

 

近年それを苦手にしているお子さんがたくさんいます!

り:はーとにはたくさんのお子さんとお母さんが

からだや運動発達のサポートを受けるために来店しています。

 

あ、うちの子のことだ・・・

今までの記事を読んでそんな風に感じたお母さんは

まずはこちらのフォームより、今のお子さんのご様子をご相談ください。

また、実際のレッスンの様子はこちらのページよりご覧いただけます。

6月30日(土曜)フェルデンクライス・グループ(ATM)レッスン<講師:遠藤先生>の詳細

平成30年6月30日(土曜)開催のグループレッスンの詳細を紹介します。

 

フェルデンクライス東京スタジオり:はーと主催の

グループレッスン(ATM)・・・今回は珍しく土曜日開催です!

こんにちはグループレッスンを担当します遠藤です。

今回のレッスンのテーマは「肩ってどこ?」です!

何気なく私たちがカラダの部位として言葉にしている「肩」。

でもその肩も首に近い部分もあれば、腕に近い部分もあります。

 

 

実は、どこからどこまでを「私の肩」と認識しているか、

イメージできるかかということは、個人個人で違います。

その人がどのように肩を使っているか、動かしているか、

ということと深くかかわっているからです。

 

 

さて、それでは、「肩」はどれくらい動きのバリエーションがあるでしょう。

きっと、その中には、人にとっては、あまり普段やっていない動きがあるはずです。

ゆっくり、シンプルな簡単な動きばかりですが、

日ごろあまりやったことのない動きをやってみたとき、

きっと、ご自分の「肩」へのイメージや、

カラダへのイメージも変わるのかもしれません。

そしてご自分が思うよりずっとあれこれ自由に動けるご自分を発見します。

 

 

今回は、肩こりにお悩みのかたにもとてもおすすめです。

日ごろのストレスなどで固まっていたカラダもゆるゆると緩んで、

リラックスできることと思います。

開催日  6月30日(土曜)
※今回は曜日が違いますのでご注意ください!

時間   10:30~12:00

会費   3000円

講師   遠藤玲子 先生

定員   5名

※お持ち頂くもの
ハンドタオルやスカーフなどをご持参ください。

お問合せ・お申込みはこちらのフォームより


今月は都合が合わなかった方は

こちらのカレンダーより6月と以降の予定もご確認頂けます。

 

ATMはフェルデンクライス・メソッドのグループレッスン

Awareness Through Movement (動きを通じての動き)のことです。

フェルデンクライスには、

大人になってからはしなくなった動きや、

あまり日常ではやらない簡単な動きがたくさん含まれています。

 

SONY DSC

 

やってみるとわかるのですが、

自分で思う以上にどんなかたの身体も、いろいろなことをもともと知っています。

そういまからでも、十分、自由に動けるようになります!

動くときの気持ちも、ずっと気にならなくなっていくでしょう。

り:はーとの室内の風景を紹介します!

都会の真ん中だけど・・・

静かでとっても穏やかな気持ちになれる。

そんな素敵な空間を提供したい!とこのスペースを作りました。

今日はり:はーとの室内の様子を写真のスライドショーで紹介します。

 

ここには、

快適、清潔、そして静かな空間

フェルデンクライスを提供するのに必要な道具

プライバシーが保たれるスペース

全てがそろっています!このスペースで、

大人の方には自分自身のこころやからだと向き合う・・・

そんな時間を。

赤ちゃん~お子さんへはこころとからだを成長させる

そんなチャレンジを。

日々全力で提供しています!!

より健康で、自由なこころとからだで日々を楽しみたいとお考えの方は

ぜひ一度足をお運びください。

フェルデンクライスの詳しい説明はこちらからご覧いただけます。

6月10日(日曜)フェルデンクライス・グループ(ATM)レッスン<講師:吉田先生>の詳細

フェルデンクライスのグループレッスン(ATM)

平成30年6月10日(日曜)開催のグループレッスンの詳細を紹介します。

グループレッスンを担当します吉田です!
吉田先生のプロフィール

今回のテーマは「腕をしなやかに」です。

日常生活でたくさん動かしている腕や手。

より快適な動きを探索することで、全身に思った以上の影響を与えます。

■腕や肩をもっと楽にしたい。

■スポーツや音楽の技術向上。

■疲労が抜けづらい。

こんなことにお悩みの方にオススメです。 ぜひご参加下さい。


開催日  6月10日(日曜)

時間   13:30~15:00

会費   3000円

講師   吉田圭佑 先生

定員   5名

お問合せ・お申込みはこちらのフォームより


今月は都合が合わなかった方は

こちらのカレンダーより6月と以降のグループ予定もご確認頂けます。

 

ATMはフェルデンクライス・メソッドのグループレッスン

Awareness Through Movement (動きを通じての動き)のことです。

フェルデンクライスには、

大人になってからはしなくなった動きや、

あまり日常ではやらない簡単な動きがたくさん含まれています。

 

SONY DSC

 

やってみるとわかるのですが、

自分で思う以上にどんなかたの身体も、いろいろなことをもともと知っています。

そういまからでも、十分、自由に動けるようになります!

動くときの気持ちも、ずっと気にならなくなっていくでしょう。

 

赤ちゃんの体が固い⇒柔らかくなると、どんなに良いことがあると思いますか?

「体が動くこと」が赤ちゃんの脳を育てる

 

赤ちゃんの体にいつも触れていて気付かなくても・・・

たまたま、ママ友の会で知り合いの赤ちゃんを抱っこしたら

「うちの子とぜんぜんちがう」

うちの子どもは、何でこんなに体か固いんだろう?

お母さんのこんな経験が、赤ちゃんの体の固さに気づくきっかけだったりします。

赤ちゃんは大人のように肩こりや腰痛で困ることはありません。

しかし、もっと大事なことがあります。

それは赤ちゃんの発達は、

全て「動く」そして「感じる」ことから始まるということです。

つまり赤ちゃんの体が適度に柔らかいということは

体と脳(知性や感情)の発達にとっても役立つことなのです。

ここでいう発達は、表面的な体の動きではなく

「脳の発達」つまり身体・知的な面・感情の面全てに共通です。

遊んで、自由に動いて、

そして視覚・聴覚・触覚・前庭感覚(バランス)・固有感覚(体の位置や運動)

たくさんの感覚体験たちを脳に取り入れていきます。

その結果「できた」の喜びの感情に気がつき

また遊んで・自由に動くという良い循環になっていく!

だから・・・

赤ちゃんは肩こりに困ることはありませんが、

自由に動けると、脳の発達をズイズイっと前へ進めるのです!

フェルデンクライス東京スタジオ り:はーとでは

こういった赤ちゃんの体の固さへの悩みのご相談に乗ったり

直接のレッスンにとって、動きの発達を後押しする

取り組みを行っています。

こちらのフォームよりぜひご相談ください。

また、り:はーとの子ども向けレッスンの詳細はこちらからご確認頂けます。

 

頭の中がごちゃごちゃして疲れた方へ・・・スッキリするとどんなに楽になると思いますか?

頭の中がスッキリとして過ごす毎日を想像してみてください!

仕事のこと、プライベートのこと、家族のこと・・・

私たちの周りにはいつもたくさんの出来事が起こっていて

しかも、こちらの事情はお構いなしに

同時にふりかかってくるものです。

 

 

そうやって頭の中が片付かないあなた!

きっとその様子は、気づいていても・いなくても体に現れています。

例えば・・・

イライラが止まらない。

体がこわばってガチガチになっている。

夜寝付けない、夜中に目覚めてしまう。

頭の中と、体はほぼ同じ状態・・・きっと体の不調にも気づいていますよね?

でも想像してみてください。

もしも、体がフニャっと自由でとっても柔らかい状態を保てるようになったら?

そのとき、あなたの中にどんな変化がおこると思いますか?

ゆっくりと深い眠りで休んで、新鮮でさわやかな目覚め。

 

 

スッキリとした頭であなたは、

日々の出来事とうまく付き合っていけるかもしれません!

ごちゃごちゃしたあたまの中をどうして良いのかわからない。

こころや頭の中のトレーニングをしても変わらない。

そんな方は、ぜひ一度こちらのフォームよりご自身の悩みをご相談ください。

5月27日(日曜)フェルデンクライス・グループ(ATM)レッスン<講師:遠藤先生>の詳細

フェルデンクライスのグループレッスン(ATM)

平成30年5月27日(日曜)開催のグループレッスンの詳細を紹介します。

 

こんにちはグループレッスンを担当します遠藤です。

今回のレッスンのテーマは「カラダは回転する」です!

たとえば歩くとき・・・。

私たちの意識は前へ進むことにあるのでなかなか気づきませんが、
からだのあちこちを「廻して」います。
首を左右にまわし、
ウエストをまわし、
股関節をまわし、
そこに目がついていったり、逆になったり。
それらがさまざまに組み合わさって「歩く」という動きがあって、を成り立たせます。

この動きはたとえば、、
呼ばれて振り返るとき、
車のミラーを見るとき、
などなど、、
日常の中で欠かせない動きです。

さて、どれくらいのバリエーションがあるのでしょう?
そのことに自分自身で注意を向けながら、
いろいろな姿勢でやってみて、
起きる結果を楽しみましょう。

レッスンでするのは、とても簡単で、
誰にでもできるシンプルな動きばかりです。

カラダが固い
運動神経がない(講師私がそうです!)・・・・そんな悩みも
フェルデンクライスには関係なしです! !

ポイントは、動いている自分自身に注意を向け続けること。
そうすることで、脳にスイッチが入って、
自分では予想しないような結果が生れることがあります。

人によっては、
踊り出したくなるかもしれません♪

みんなでレッスンを楽しんでいきたいと思います。


開催日  5月27日(日曜)

時間   10:30~12:00

会費   3000円

講師   遠藤玲子 先生

定員   5名

※お持ち頂くもの
うつぶせの姿勢になので、お顔と床が接することがあります。
ハンドタオルやスカーフなどをご持参ください。

お問合せ・お申込みはこちらのフォームより


今月は都合が合わなかった方は

こちらのカレンダーより4月と以降の予定もご確認頂けます。

 

ATMはフェルデンクライス・メソッドのグループレッスン

Awareness Through Movement (動きを通じての動き)のことです。

フェルデンクライスには、

大人になってからはしなくなった動きや、

あまり日常ではやらない簡単な動きがたくさん含まれています。

 

SONY DSC

 

やってみるとわかるのですが、

自分で思う以上にどんなかたの身体も、いろいろなことをもともと知っています。

そういまからでも、十分、自由に動けるようになります!

動くときの気持ちも、ずっと気にならなくなっていくでしょう。

 

5月20日(日曜)フェルデンクライス・グループ(ATM)レッスン<講師:たなかだいすけ>の詳細

フェルデンクライスのグループレッスン(ATM)

平成30年5月20日(日曜)開催のグループレッスンの詳細を紹介します。

 

こんにちはスタジオ代表のたなかです。

今回のテーマとなる「足」です。

ここでいう足とは・・・

この部分のことです。

大人の足は子どものような自由さ、柔らかさを失っています。

今回のグループレッスンでは

この部分の動き、そして感覚を取り戻すことにつながります。

今日の大人のほとんどは

何らかの足のトラブルを抱えています。

足の痛みや、足の指の変形に悩む方におすすめです!


開催日  5月20日(日曜)

時間   13:30~15:00

会費   3000円

講師   たなかだいすけ

定員   5名

お問合せ・お申込みはこちらのフォームより


今月は都合が合わなかった方は

こちらのカレンダーより4月と以降の予定もご確認頂けます。

 

ATMはフェルデンクライス・メソッドのグループレッスン

Awareness Through Movement (動きを通じての動き)のことです。

フェルデンクライスには、

大人になってからはしなくなった動きや、

あまり日常ではやらない簡単な動きがたくさん含まれています。

 

SONY DSC

 

やってみるとわかるのですが、

自分で思う以上にどんなかたの身体も、いろいろなことをもともと知っています。

そういまからでも、十分、自由に動けるようになります!

動くときの気持ちも、ずっと気にならなくなっていくでしょう。

 

最近の投稿

カテゴリー

レッスンカレンダー・予約状況はこちら

出張レッスン、執筆・講演のご依頼はこちら

個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)