ストレートネックと言われた方に

まっすぐな姿勢が良い姿勢とは限らない

ここのところ肩こりや頭痛がひどくて、整形外科でレントゲンをとったら
「ストレートネック」と言われたんです・・・。着物姿

ストレートネックとは特に首の背骨(頸椎)の本来のカーブが減少して
まっすぐになった(もしくは本来と反対側に反る)状態のことです。
これ自体は病名ではなく、様々な症状の原因になります。

一見すらっときれいな姿勢に見える方でも
実は首や腰に痛みや困難を抱えている方が大勢います。

それは、脊柱全体のS字のカーブが減少した結果であり
首だけがまっすぐになったという訳ではないのです。

脊柱には自然なカーブが必要です

背骨には生理的湾曲というS字のカーブが存在し
背中の丸みや腰のそりを生み出しています。
首のアーチ S字のカーブ

なぜこんな形をしているかというと「ばね」のように
上からの重さの負荷を受け止めるためです。

まっすぐな棒と比べるを負荷を1/9まで軽減するといわれています。

また、カーブの構造自体が椎間板ヘルニアを防ぐ
構造になっており、カーブの減少はそのリスクを高めます。

脊柱全体を動かすことで
首も含めた全身に働きかける

今までの話しから、首だけに治療の手を加えても
継続した改善は期待できないということが容易に想像できます。

そして、例え伸びて一見美しい姿勢でも、目的に応じて丸めたり伸びたり出来る自由がなければ
身体を痛める原因となる機能的でない姿勢です。

私たちには、ときには丸くなりたいときだってあります。
うずくまる

フェルデンクライスでは脊柱やそれにくっついている頭、骨盤、肋骨(j胸郭)、そして
たくさんの筋肉・・・これらの動きの調和の中に動きが生まれると考えます。

だから個人レッスンでは頸椎を激しく動かしたり、押したりすることがなくても
全身の症状へ良い変化をもたらします。
また、どんなテーマのグループレッスンでも継続していると
脊柱のカーブが自然と柔らかな動きを取り戻していくのです。

フェルデンクライスのレッスンは本当に楽に受け
変化を実感することが出来ます。

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。
アンケートにお答えくださった方に期間限定の特典を進呈いたします。

 


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)