階段の降りられない子ども(前編):あなたは手を離すのか?それとも・・・。

あなたの支えが必要だから!それは心身ともに。

 

甘えではありません!必要だから手をつなごうとするのです。

 

mère et fille

 

スタジオでお子さんの運動についての相談を受けるのですが

階段のこともよく耳にするものの一つです。

「階段の下りで手すりを離せない」

「大人と同じように片足ずつ降りられない」

「足や体の動きがぎこちない」

階段のことは、どこで相談したらよいのか分からない・・・。

病院でも、体操教室でも「様子をみましょう」と言われる。

こんなご両親の疑問・不安にり:はーとでは対応することがとても多いです。

 

相談小

 

結論から言えば・・・

それは、お子さんの体の発達の中で苦手な要素があるということです。

病気や何らかの障害をお持ちの子もいるかもしれません。

しかし、ある運動の要素だけが苦手なお子さんもいます。

(運動が不器用、苦手という相談と重なることも)

重ねて・・・

「お子さんの甘えではない」とたなかは考えます!!

お父さん・お母さんには

子どもの必要とする限り手を差し伸べて欲しいのです。

 

1、体の準備が出来ていること。

2、自らを奮い立たせる「自我」そして「克己心」が育っていること。

3、励まし・ときに支え・ともに喜ぶ「支え手」がいること。

 

ここでは両親がお子さんの支え手です。

この3つが整っていて、お子さんは新しい一歩へ進んでいきます。

そしてやがて、握っていた手を自ら手放すことでしょう。

 

海で手をつなぐ親子

 

その時が来るまで・・・

お父さん・お母さんはお子さんを支えていて欲しいのです。

お子さんの手を払いのけたり、怒ったりしても、全く解決しません

 

それでは階段に必要な体・運動の要素のどれを補えばよいのか?

り:はーとではお子さんのお力に合わせて、レッスンをおこないます。

り:はーとの子ども向けレッスンの詳細

 

IMG_9176(小)

 

そして・・・

お父さん・お母さんに良い「支え手」になってもらうために、

たなかがいつもお願いしているとても大事なこと

近日公開の(後編)で紹介したいと思います。

階段の降りられない子ども(後編):子ども自身が決める本当の成長。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)