怪我は治ってきたはずなのに…動くのが怖い!?方へ

「脳」もケガを同時に体験しているのです!

 

ひどい捻挫や骨折といった比較的大きなケガだけでなく

膝や足首、腰など・・・全身の痛みのトラブルは

普通に生活を送る方々であれば、時に経験するものです。

 

Knee pain

 

整形外科に少しの間お世話になって・・・

電気だけ当てたり、シップをもらったりしているうちに

何となく痛みは目立たなくなった?

ところが、いざ動き始めると

何だかうまく立てない・歩けないのです。

 

それはだれにでも起こりうる「動きの困難」

 

スポーツ選手の大けがのトラウマやイップスのような

特別なでき事ではなく・・・

普通に暮らすために必要な歩いて、階段を上ってといった

ごくごく日常の生活の動きが困難になる。

そんなことがなぜ起こるのか・・・?
Brain impulses. Thinking prosess

 

それは体だけでなく「脳」もケガを同時に体験しているからです。

 

恐怖、不安を生む記憶

不使用の学習

   これらが生み出す「怪我した自分」の習慣化

 

これらがケガをした脳に同時に起きる変化として考えられます。

そこで必要なのは・・・

新しい運動の経験による「脳の上書き」です。

 

姿勢の教室 り:はーとは前へ進むあなたをサポートします!

当スタジオの提供する「フェルデンクライス・メソッド」は

あなたがレッスンで体験するであろう

こんなの経験したことのない!!」と、驚くような質の動きを通じて・・・

 

レッスン風景

 

身体と「脳」=神経システムの両面から、

あなたが怪我によって脳に作ってしまった習慣に働きかけます。

 

想像してみてください!

ケガする前とも、ケガした後とも違う・・・

新しい私はどんなチャレンジを望むのでしょう?

自身の不安や状態について、ぜひ一度相談してみたいと感じた方は

こちらのフォームよりぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

 


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)