赤ちゃんの体が硬いと何が困るのか⇒子どもの将来のために(2)

動くことの発達は、知的な発達や自分自身(自我)の発達ともリンクする・・・だから今が大事!

前回の記事では「赤ちゃんの体の硬さは邪魔」と書きました!

例えばごく一例をあげると・・・

 

「姿勢の安定」が、

目を水平に安定させて「見る力」の土台となり、

それによって違いに気がつくこと(知的な力)に発展するように。

 

kid0053-009(小)

 

興味ある物に「手が届く」、「そこに動ける」ことが

自分自身が有能感を感じ、

それが自分自身(自我)を作ること助けるように。

 

                     その先に何があるのかな??

つまり、動くことの発達は

知的な発達自分自身(自我)の発達ともリンクしているのです。

 

だから

 

赤ちゃんの体の硬さは、動くことの発達を邪魔することで

お子さんの様々な成長の可能性を妨げます。

 

もちろん後から体験する機会を得ることもあるのですが

赤ちゃんの人生の貴重な時期に、様子を見ているのはもったいない!

単なるマッサージでも、もちろん役に立ちます。

しかし・・・

本質が「動きの発達」である以上、

硬さを緩めるのと同時に、赤ちゃんの体の動きを

小さなステップから確実に後押しする必要があります。

ここでり:はーとの「子ども向けレッスン」は力を発揮します。

スクイーズ

 

お母さんのお子さんの体への気づきと、将来のために「今」という思いが

お子さんの発達に良い影響を与えることが出来るのです。

SPO_2397
子どもの将来に「やりたいことが出来る体」という宝物を残したい

そうお考えのご両親はこちらのフォームより

お子さんの体の硬さの悩みやレッスンについて、ぜひ一度ご相談ください。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)