こころと体の関係、とくに不安や恐怖と体はどう関係するのか?

フェルデンクライスが体を通じて、「こころ」に安定をサポートできるのには理由があります!

 

「こころとか体はつながっている」

hand drawn outline yoga vector logo isolated on white background

 

もはや、健康に関心のある人にとっては常識的に語られることですが

では具体的にどんな風に?と聞かれて

答えられる人は少ないと思います。

 

モーシェ・フェルデンクライス博士は著書の中で

恐怖は人間の動きを「止めてしまう」ことについて述べています。

恐怖を引き起こす刺激に対する反応は全ての屈筋、特に腹部の筋肉の強い収縮

一般に屈筋のほうが伸筋(抗重力筋)よりも反応が早く(クロナキシーが短い)

全身が固まって動かなくなります。

 

こわがる

 

その結果呼吸も止まり、心拍数の上昇、発汗も起きてきます。

また・・・

赤ちゃんが生まれてすぐに感じる「恐怖」は

落ちる感覚、その後大きな音といずれも前庭神経の得る感覚です。

不安は恐怖を感じると感覚されると容易に出現します。

人間の情動は、通常表に顔を出さないイメージされるだけの原始的な感覚である

前庭感覚体性感覚に敏感に反応するのです。

 

 

これらのことから、フェルデンクライスはこころに関して

特に不安や恐怖に苦しむ人と関わる時に

赤ちゃんの頃から持っている

安定感を感じること
(前庭神経系の働きが穏やかになること)

筋の緊張を下げること
(からだを固定化させない、体性感覚入力が穏やかになる)

ヒトの原始的な部分に働きかけることで

脳の状態を変えて、あなたのこころに平安へと導きます。

 

とくにこころと体、両方に日々悩み続けている方には

ぜひ一度体験をお勧めしたいと思います。

 

Fotolia_59689877_XS

 

ここまで読んでみて

こころと体、両方同時にスッキリしたいと感じた方は

こちらのフォームより一度ご相談ください。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)