小学校に入ってお子さんの運動の苦手さ、不器用さに気がついたら?

お子さんの体の力はいわゆる「学力」や「集中力」…つまり勉強することにも影響します。

 

小学校に入る前までに、

土台となる体の発達の基礎的な動きが身についていないと、

学校生活や学業にさまざまな難しさを生じます。

 

%e3%81%97%e3%82%83%e3%81%8c%e3%82%80%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82

 

り:はーとでは小学生以降、中学生まで

以下の悩みを持つお子さんも、レッスンによるサポートを受けています。

・運動の不器用さが目立つ

・手先の不器用さが目立つ

・すぐに疲れてしまう

・集中力がない

・体育ずわりができない

・体育の授業を嫌がる

・教科書や黒板が見にくい

お母さんがお子さんの様子を心配に感じたら、一度ご相談ください。

「不器用や体育が苦手」まではともかく・・・

何で勉強まで体のことが影響するのか?と疑問に思うでしょう。

 

 

見て・感じて・集中して・チャレンジして・問題を解決する

子どもが「学習」に用いる

これらの全ては、本来赤ちゃんの頃から自身の体で行なう

身体と運動の発達のなかで養われるものです。

実は、上記に紹介した例は全て

実際にスタジオでレッスンを受けている・受けた

お子さんたちの持つ困難さ、お母さんの悩みです。

IMG_8654(小)
り:はーとでは、お子さんの持つ具体的な困難さに対して、

その困難の根本的な原因になりえる「発達学的」な動きを

遊びや運動の中で「追体験」できるように促します。

するとお子さんはその経験を通じて

身体思考・・・全ての使い方を統合するチャンスを得ます。

集中する、集中を持続することが出来る体の力を得ることもできます。

IMG_8648(小)

 

また、これらと同じくらい重要な

自分に対して肯定的なイメージ」を

年齢に関係なく作る重要な手掛かりにすることが出来るのです。

お子さんの体のこと、体育や運動のこと、

集中力のなさに不安を感じているお母さんは

ぜひ一度こちらのフォームより、お子さんのことをご相談ください!


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)