体が硬い赤ちゃんの困難さ、動けないお子さんに気がついたら「今」試せること

試しに全身を「くまなく」さわってあげてください!

 

何でうちの子は

寝返ろうとしてもずっと止まっちゃうんだろう?

片側しか寝返らないんだろう?

仰向けのままジッとして動かないんだろう?

Fotolia_84512794_XS

 

普段から、当たり前のように赤ちゃんのお世話をしていても・・・

自分のお子さんの全身にくまなく触ってあげる機会って

きっと、なかなかないのでは?

かくいう自分も、(実は現在4歳になる愛娘がいるのですが)

そうやって少し観察的な目で、自分の娘に触れる機会は少なかったように思います。

 

e2067386a1c55186b764e5d17ff9cfc1_s

 

じつは・・・経験的に、

まだ0才の乳児だというのに

まるで大人のように

体の一部分、また全体が硬くこわばっている赤ちゃんがいます。

そんな赤ちゃんたちは、例えば・・・

 

背中のそりが強く、あおむけで両足を手でつかめない

   肩が上がらないせいで寝返りがうてない

股関節が硬いせいで四つ這い位をとれない

 

じっと

 

こんなふうに、動きたくても動けない状況に置かれてしまいます。

たなかはいずれの例も、実際にサポートしたことがありますが、

ほとんどの場合、

お子さんたちの目には意志の力があり

どこかに動きたい、何をつかみ取りたいなど・・・

やりたいことははっきりしているにも関わらず、体が動かないためにそれが出来ないのです。

そしてだいたい、「何でできないの~~~」と泣きます。

 

泣き顔

 

そんなときには・・・まず

自分のお子さんの全身にくまなく、触ってあげるのです!

しかも、普段よりも「ゆっくり」と、「じっくり」と。

お子さんのからだのラインに、ぴったりフィットするように

しっかりとなでてあげてみましょう。

 

赤ちゃんと母

 

このタッチには

「お子さんの体の硬いところがあるか?」

が分かるのと同時に

「硬いところの筋肉のはりを和らげる」

こんな効果も期待できます。

 

フェルデンクライス東京スタジオり:はーとでは、

ヨーロッパで子どもサポートにも用いられるフェルデンクライス・メソッド

療育、医療の現場で活動する、理学療法の知識を合わせて

お母さんの感じる赤ちゃんの体の困難さに対し

お子さんの将来の運動を制限をふせげるようにサポートします!

もしもこの「ゆっくり」「しっかり」なでるをしてみても

赤ちゃんの動きが固い、関節が固い状態が変わらないときには

お子さんの将来のため、出来るだけ早めに

当スタジオまで、こちらのフォームよりご相談ください。

 

 

 

 


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)