お箸やペンの持ち方を何とかしたい

お子さんの今のお箸やペンの持ち方には

しっかりと原因や理由があるはずです。

例えばその一つとして・・・

お子さんが「グー」をしているときの形を見てみましょう。

対立のあるにぎり

親指が写真のように

①指の外に出ていますか?

②小指の方に向かって曲がっていますか?

よく見かけるのは下の2枚の写真のような「グー」です。

Fotolia_61494192_XSThe boy put the fist

親指がこぶしの中に握られてしまっている

親指が人差し指の外に添えられている。

また、オッケーのマークを手で作ろうとしたとき

親指と人差し指の先端(指尖)がくっついて、きれいな円形になりますか?

Hand of an athlete making OK sign with finger and thumb against blue sky wearing a red white and blue sport wristband

このマークを作った時に

指の腹がついて、平べったい楕円のオッケーになる

これらのグーやオッケーの形をするお子さんは

母指の対立」の動きが上手く出来ない可能性があります。

フェルデンクライス東京スタジオ り:はーとの子ども向けレッスンは

大きな体操のような動きだけでなく

これらのような手の小さな動きにまでかかわります。

実際のレッスンでは、

教師がお子さんの手を直接自由に分かれるように動かす

手の機能を高める遊びを行なう

ご家庭でできるトレーニングを指導する

これらを使って「母指の対立」=親指を自由に使う力を高めます。

学校が始まって、ずっとお子さんのお箸やペンの持ち方にお悩みのご両親は
スタジオで拝見させて頂くことで、より詳細な手の機能・身体の様子を
拝見し、上記のようなフォローを行なうことが出来ますので

こちらのフォームより直接レッスンをご予約ください。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)