子どもの体が硬いと何が問題なの?明確な2つの理由(1)

■それは大人ためのマッサージやベビーマッサージなどとは、大きく違う理由です。

 

お子さんのからだをいつも触っていると

例えば首や、背中、肩が硬くて、いつも首をすくめているように見えたり

太ももの後ろや腰回りが硬い…そんなことがあります。

 

IMG_8648(小)

 

レッスンの際に、そんな子どものからだに

「整体やマッサージのように触れて」動かすことがあります。

そんなときに・・・大人みたくもんだり、動かしてあげる必要はないんじゃないか?

と思うかもしれません。

しかし、「からだが硬いこと」にはお子さんの発達を妨げる2つの要素があるのです。

 

1、感じとる力を妨げる

2、自分がやりたいと思うことを妨げる

 

それぞれについてお話しします。

まず「感じ取る力を妨げる」ということについて

実は私たち人間は、「動くこと」でたくさんの感覚を得ています。

能動的探索=私たち人間は、自ら得たい感覚を得ようとします!

においは「におってくる」場合もあるが、何らかの自らの目的にそって「嗅ぐ(かぐ)」のです。

見えるものもあるが、私たちは動くことで見たいものを「視る」のです。

 

お花見

 

また、筋肉も関節も、「動きを感じる」ことができます。

それはさらに発展して自身の体の「ボディシェーマ」「ボディイメージ」の土台となり、

「ダイナミックタッチ」として、物の認知へと発展します。

からだや筋肉に硬さがあって「動けない」と…

せっかく素晴らしい体験が目の前にあっても、子どもの感じ取れないかもしれません。

次回の記事で続けて「自分がやりたいと思うことを妨げる」ことについて話を続けます。

 

うちの子のからだはどうしてこんなに固いんだろう?動きがぎこちないんだろう?

そんな不安をお持ちのご両親は、ぜひ一度当スタジオの個人レッスンを体験してみてください。

お子さんに動きが自由さを取り戻したときに、どれだけ成長のチャンスが得られるのかを知ることができます!

今だけお得な体験レッスンの情報はこちらのページよりご覧ください。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)