「頑張り過ぎる」体とこころに起こる逆効果<おとなの場合>

この記事は下記の記事とと合わせてお読みください
「頑張り過ぎる」体とこころに起こる2つの逆効果<子どもの場合>
「頑張り過ぎる」体とこころに起こる2つの逆効果<子どもの場合2>

■大人の「頑張り過ぎ」は隠れたところに現われます!

これまでの子どもの場合の記事で紹介した

「連合運動」や「ウェーバーの法則」

これらは大人になっても同様に、「頑張り過ぎ」は私たちの心身に影響します。

つまり・・・

「身体の他の部分に緊張が起こる」

「違いを感じる感受性の低下」

ということです。

Fotolia_94893145_XS

 

ただし、大人の場合には脳が子どもと比べて成熟しているためか、そんなに目立つ形で出現しません。

(お子さんだと、行進のときに同じ側の手足が同時に出ちゃったりしますね)

大人の連合運動は

呼吸の浅さ

目の動きのこわばり

表情のこわばり

「固定」つまり固くなるという形で、これらにも表れます。

 

呼吸の浅さは全身の呼吸筋・胸郭・背骨の動きを固くします。同時に交感神経が活動的な状態をつくります。

目の動きのこわばりは首・肩の筋を固く強張らせるとともに、実際的・心理的な視野を狭めます。

表情のこわばりは精神的なこわばりと関係すろと思われます。

結果として、体の不調やひどい疲労感、それに精神的なストレス・重圧感となって表れるのです。

 

またさらに悪循環なのは、「感受性の低下」が同時に起きているので・・・

私たちは、自分自身の「頑張り過ぎ」に自分で気がつくことはなかなかできないのです。

 

なぜ、フェルデンクライス・メソッドのレッスンが「頑張り過ぎ」に対して

役に立つのかというと、「頑張り過ぎの悪循環」を断つことができるからです。

 

SONY DSC

 

まずは身体的な緊張状態を、ニュートラルな状態に整えることで

まるで「楽しい休日」のようなからだとこころを取り戻します!

そして・・・ここからが重要です!

自身の心身の観察と教師との対話によって、「自らの緊張」に気づくように導かれていきます。

自分はいつ?どんな場面で?何をしているときに?頑張り過ぎるのか。

これに自ら気づいて、それを手放すことで初めて「頑張り過ぎの悪循環」から解放されるのです。

 

ここまで読んで何かこころに引っ掛かりをかんじるあなたは

きっとどこかで「頑張り過ぎて」いるにちがいありません!

フェルデンクライスのレッスンで、

ぜひ「晴れ渡った休日に公園を散歩する」ような自由を取り戻しましょう!

こちらのフォームよりお問い合わせください。

15年秋キャンペーンバナー

中央区(築地・銀座・勝どき・豊洲)から便の良い
当スタジオのフェルデンクライスのレッスンで
本当の自身の変化を実感してみてください!

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)