お子さんの体のことを就学前にチェックする方法

■頭をしっかりと支えて、コントロール出来ていることが大切です。

 

Fotolia_86885200_XS

この子のようにあお向けに寝た状態で・・・

頭をゆっくりと持ち上げることができますか?

 

いよいよ小学校へと就学するのですが

それにしても下に書くようなことで、うちの子どもは大丈夫かな?

と、心配されているご両親がいるかもしれません。

何だかふらふらと走っている

「きをつけ」をすると、顎が上がって姿勢が悪い

不器用で、細かいことをしようとすると肩が上がってしまう。

なかなか集中できない

本を読んだり、字を書くのが苦手・・・

遊ぶためにも、学ぶためにも「体の準備が出来ている」ことがとっても大事です。

 

そのなかでも・・・

頭を支えてコントロールする力は、運動や感覚全般の土台です。

 

改めて最初の写真の「頭を持ち上げる動き」について・・・

ゆっくりと頭を持ち上げられれば大丈夫です!

もしも・・・こんな様子が見られたら

・重たそうにしていて、歯をくしばってしまう

・頭を上げられずに、あごが上がってしまう

・あごを上げたまま、起き上がってしまう

お子さんは頭を空間に支えておくことが苦手かもしれません。

えっっ?

でも首はすわっているはずじゃ??

はいはい赤ちゃん

 

いったい何が違うのか?

お母さんの感じる不安と、いったいどのようにつながるのか?

フェルデンクライスのレッスンが、どんなふうにお子さんの成長を助けるのか?

次回の記事で、引き続き説明いたします。

 

⇒子どもの発達、運動に関する記事はこちらからご覧いただけます。

子ども向けレッスンの詳細はこちらからご覧いただけます。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)