り:はーとの子ども向けレッスンの流れ(例)


■全てはお子さんの興味から始まって、上達へと結びつく!

これがり:はーとの一番大事なルールです。

 

フェルデンクライス東京スタジオり:はーとの子ども向けレッスンは、

お子さんのニーズと、その日の興味に合わせて毎回内容が変わります。

 

今回紹介するケースは・・・

 

2才0か月
歩くようにはなったがよく転ぶ
四つ這いの経験がほとんどないまま歩くようになった。
月2回のレッスン(3か月目)

 

というお子さんへのある日のレッスンです。

CD棚

写真の子はイメージですが・・・

「ここ」の棚の中にはスタジオで使うCDが並んでいます。

今回のケースのお子さんは最初にここに興味を持ちます・・・。

中身を出したり、入れ替えたり。

そんな遊び方をする時期がありますよね!
そこで・・たなかはCDを使う場所=プレーヤーにCDを出し入れして見せました。

プレーヤーはこの棚の右上にあって、お子さんは一生懸命手を伸ばしますが・・・なかなか手が届きません。

そこで・・・こんな設定を追加しました!

子どもレッスン例①

 

すると、お子さんはうつぶせ気味にからだを乗せて、みどりの椅子の上に上がろうとうします。

最初はおっかなびっくり・・・

 

段々と大胆に「どうやったら登れるかな?」と試行錯誤を始めます!!

 

すると・・・あるとき、

膝をよこについてハイハイの動きをしながら、椅子の上に上がりました。

やっとCDプレーヤーにたどり着き、そこで遊んだ後はCD棚と上を行ったり来たりするようになりました。

 

このときお子さんが体験したよじ登りの動きは

「歩いていて転ぶ」お子さんの動きの発達に不可欠な要素をたくさん秘めています。

 

だからといって、お子さんが自分の思考と好奇心を発揮してこれを行わないと

お子さん自身の「脳の発達」には結びつかないのです。

 

たなかはスタジオの中でお子さんが「どんなもの」で「どんな遊び方」をしてもそれを否定しません。
その中から、成長のチャンスを見出す!

それが、発達に寄りそうプロフェッショナルの仕事です。

 

「全てはお子さんの興味から始まって、上達へと結びつく!」と書きましたが、

このルールがあるので、お子さんは本当の安心出来るのです。

グループ療育や体操教室を嫌がるお子さんなどにも、ぜひり:はーとの個人レッスンをお勧めしたいと思います。

 

 ⇒体験レッスン(初回無料)にさらに2倍お得なキャンペーン中!

⇒子どもの発達、運動に関する記事はこちらからご覧いただけます。

子ども向けレッスンの詳細はこちらからご覧いただけます。

中央区(築地・銀座・勝どき・豊洲)から便の良い
当スタジオのフェルデンクライスのレッスンで
本当の自身の変化を実感してみてください!

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)