姿勢を良くしたいときに考えた方がいいこと

■もっときれいに立っている自分をイメージしてください!

 

いったいどんな貴女自身をイメージしたでしょう?

SONY DSC

そのイメージは、多くの場合努力して作った姿勢ではなく自身の習慣的な姿勢です。

だから、「正しい姿勢」を鏡の前で練習することもいいのですが・・・

その前に自分の習慣的な姿勢を知ることが必要です。

 

自分の立ち姿勢が気になる。

歩いているときの後姿を指摘されてしまった。

家族にずっと「猫背」だと家族に言われてきた。

 

姿勢は無意識にとっています、だから努力だけでは変わらないのです。

どんなに「良い姿勢」を習って来ても、いつもその姿勢を保つことは困難です。
もしくは習慣を無理やり変えるくらい膨大な努力が必要になります。

それこそ、ダンサーなどのアスリートくらいに。

 

私たちにはぎゅーっとがんばって、労力を費やすのは難しいに違いありません。

 

SONY DSC

そこでり:はーとでは全く逆の提案をします!

がんばることを手放して、楽なまま習慣的にとっている姿勢を変える。

そのために必要なことは・・・

自分の普段のくせに気づき、それをほんの少し変えてみることです!

たったそれだけ。

でも、「自分の普段のくせに気がつく」ことが本当に難しいのです。

 

だから当スタジオでは「フェルデンクライス・メソッド」を利用します。

このメソッドは、わざと習慣的でない動きを探りつづけながら行なうことで

自分の身体・姿勢を習慣の外側に置くことが出来ます。

そうやって・・・初めて自身の本当の習慣に気づくことが出来るのです!!

 

自身をイメージしたときに

「すらっとした立ち姿でたたずむ自分」がいる・・・その時までお手伝いさせて頂きます!

 

 

⇒お客さまの感想のブログ記事はこちらから

⇒フェルデンクライスのレッスンの種類は?

⇒体験レッスンのご案内はこちらからご覧いただけます。

中央区(築地・銀座・勝どき・豊洲)から便の良い
当スタジオのフェルデンクライスのレッスンで
本当の自身の変化を実感してみてください!

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。

 


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)