顎(あご)のバランスとフェルデンクライス(3)動画あり

この記事は「顎(あご)のバランスとフェルデンクライス(2)」と合わせてご覧ください。

■顎(あご)は大きく3方向に動く!

顎関節は、ふしぎなことに形の上では膝関節と同じに分類されます。

パッと見ると玄関のとびらの蝶つがいのように、簡単に動いているようですが・・・

実は3つの方向に動くことができます!

ちょっと動画で見てみましょう。

いかがでしたか?

顎(あご)の動きは大きく

開口する(関節はその場で回転する)

前方へすべる(関節円板と前へ動く)

横にすべる(関節内を横に動く)

この3種類からなっています。

さらに口を閉じる(顎を閉じる)を含めて複合的に動くことによって、自由な顎(あご)の動きとなるのです。

ここに関わる筋肉はまた別に紹介しますが・・・

 

これらが自由に動くことが、全身のバランスに作用するのと同様に、全身のバランスが整わないと顎(あご)の自由な動きは得られないのです!

 

フェルデンクライスのレッスンはそんな顎(あご)と全身の動きの

質の改善を同時に進めて行くことが出来るのです。

⇒フェルデンクライスのレッスンの種類は?

⇒グループレッスンの体験キャンペーンはこちらからご覧ください。

中央区(築地・銀座・勝どき・豊洲)から便の良い
当スタジオのフェルデンクライスのレッスンで
本当の自身の変化を実感してみてください!

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)