長く咳(せき)が続いた後の身体への影響

■咳(せき)は大きな労力を使うので長い期間続くと
身体中に影響が残ります!

先日お越しになったお客様ですが
ひどい咳かぜをを引いてここ何週間か苦しんでいたそうです。
(夜も苦しくて全然眠れなかった)
咳をする女性

何とか動けるようになってスタジオにレッスンを受けに来たのですが・・・

うんっ!?

普段拝見しているときと、カラダつきも顔の感じも違う。

顔にいたっては輪郭・顎・目にもあきらかな左右差が~~。

実際に咳をすることは身体にとって大きな負荷です。

そもそもせきは反射なので自分の意志で止めることが出来ません。

一回ごとに全身の強制呼気の屈筋を総動員してしまうので、身体はどんどん
屈筋優位に傾いていきますし、痛みを伴うことさえあります。

また、1回に2キロカロリーを消費するので・・・
例えば1分に2回咳(せき)が出ると⇒2時間で240キロカロリー
ごはんご飯茶わん一杯分と同じだそうです。
そして、これは体重50キロの人が約5キロ、ランニングするのと同じカロリー消費です!

極端な例ですが、これに近い状況が数週間続けば
全身の状況は一変していても不思議はありません。
このお客様は過度に働き続けた屈筋と、伸筋のバランスを取り戻す
レッスンによって、苦しい状態だった呼吸から解放されています。

ただし、もちろん風邪自体が治っていない咳の場合には
まずそちらをしっかり治す必要がありますね。
(長期の咳の場合には一度受診してこじらせて肺炎になったりしてないか
チェックしてもらってから、レッスンでのフォローをします)

⇒フェルデンクライスのレッスンの種類は?

⇒グループレッスンの体験キャンペーンはこちらからご覧ください。

中央区(築地・銀座・勝どき・豊洲)から便の良い
当スタジオのフェルデンクライスのレッスンで
本当の自身の変化を実感してみてください!

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)