フェルデンクライスのレッスンの特徴(グループ)その2

このブログ記事は「フェルデンクライスのレッスンの特徴(グループ)その1」と
合わせてご覧ください。

■毎回違う動きをする。

フェルデンクライスメソッドは「脳」の機能に着目して作られたものです。

この「毎回違う動きをする」という発想は、
脳の機能に関する3つのアイデアを実践するための具体的な方法です。

1、脳は新しいことに興味を持つ(新奇性)

「同じことを繰り返す」のと違うアイデアでも、私たちは何かを学ぶことが出来ます。
そのため、ATMレッスンは数百とも数千とも言われる膨大な数存在します。
einer frau mit buch geht ein licht auf

2、脳はちがうバリエーションの中にある共通点に興味を持つ。

グループレッスンには、それぞれの根底に基本的なアイデアが隠されています。

膨大な数のレッスンたちの中で
基本的なアイデアは同じものたちも当然たくさんあります。

無意識のうちにでも、脳は一件全く違う動きのレッスンの中に「共通点」を
見出します。そのことが変化への「気づき」とも関わります。

3、視点を変える

2にも通ずる感覚なのですが・・・
一つの「基本的なアイデア」を様々な角度から見ていくと
そのものの全体像が自然と浮かび上がってくるようになります。

重ね重ね出て来る話ですが、
フェルデンクライスは「脳≒神経システム」のことを考えてできたレッスンです。

自分は今まで運動が苦手、下手だと感じていた方にこそ
本当の意味を体感しやすいかもしれません。

--------------------------------
フェルデンクライスのグループレッスンはATMと呼ばれます。

(Awareness through Movement=動きを通じての気づきの略です。SONY DSC 写真で分かるように基本はヨガ・ピラティスなどのように床の上で行います。

しかし・・・この動きたちは体操よりも簡単で、かつたくさんの可能性を持っています。

⇒フェルデンクライスのレッスンの種類は?

⇒グループレッスンの体験キャンペーンはこちらからご覧ください。

中央区(築地・銀座・勝どき・豊洲)から便の良い
当スタジオのフェルデンクライスのレッスンで
本当の自身の変化を実感してみてください!

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)