でんぐり返しが出来ない理由(2)

この記事は「でんぐり返しが出来ない理由」と合わせてご覧ください。

■出来ないから「繰り返し練習」するだけでは
出来るようになりません。

前回ブログの続きで、でんぐり返しで考えていきたい要素は
大まかにあと2つあります。

1つ目は「身体を固める力」です。

大人は硬いと不健康というイメージを持っていますが・・・
とくに足が宙に浮いている空間で安定して動きためには
この能力が不可欠です。
Kids at bouncy pillow

はやりで言えば「コアスタビリティ」に近いものだし
フィットネスの分野では「スティッフネス=剛性」なんて言ったりします。

高く飛ぶ、全力で走るときなんかにも必要な力です。

2つ目はボディイメージと空間のイメージです。

この二つの力は深く関係しているのですが・・・

自分の身体がまっすぐ転がっていることが分かる
屈筋・伸筋の切り替わるタイミングを察知する

などに必要です。

ただこれには、視覚・前庭の機能なども不可欠でとても複合的な能力です。
床の上で友達ともつれ合って遊んだり、土手から転げ落ちたり・・・
現代っ子にはなかなかチャンスがないのかなぁ?

ただ間違えないのは・・・

「でんぐり返し」出来ないから100回繰り返せば出来るようになる!

とは全く限らないということです!

 

IMG_8648(小)

 

お子さんにとって得意な要素苦手な要素を常に考えながら

子どもの「できた」を本当に引き出していかないと

一見すると「やる気」が出ない子になってしまいます。

IMG_8954

 

フェルデンクライス東京スタジオ り:はーとのレッスンは

多くの場合、「お子さんの得意」から子どもが本来持っている

興味・好奇心に働きかけて、自分で出来る自信を高めます!

 

めぐりあ6月(2)

 

子どもの将来のために

こちらのページより直接ぜひお早めにご相談ください!

お客様の感想はこちらからご覧頂けます

 


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)