まっすぐな姿勢の人の密かな悩み、背骨とカーブ

このブログは前回の背中が痛くなる原因は?
合わせてご覧ください。

■背骨には適度なカーブが必要です。

それと同時に、機能的な背骨のカーブは重さを支える
軸となることが出来ます!
f4a6925fe6e1c09306d80cab7d61913d

~「の~んびり タイランド 2」さまのブログ記事より~

この写真の女性の皆さんは日常的にそれを利用しています。
この時、頭の上の物の質量は骨格によって支えられているため
筋肉には大きな負担を感じないはずです。

それはつまり・・・

脊柱のカーブが「ばね」のようになって背骨一つ一つにかかる負担を
軽減しているということなのです。
3つのカーブがあることで、10倍の負荷に耐えられます。
首のアーチ2
背骨のカーブが小さい・・・
ということは背骨に直接強い負荷がかかるということです。

「一見姿勢がすらっと良い人」
「小さいころからクラシックバレーをしていた人」

などなど・・・一見美しい姿勢なのに
実は首や腰に痛みを訴える方が大勢いらっしゃいます。

当スタジオのフェルデンクライスのレッスンは
普段は気づかない、自身の背骨の形や動きのイメージを
まるで自由にたわむ「スプリング」のように変えていきます。
SONY DSC

また、変化に気づきやすいように希望者には
ご自身の立ち姿を写真に収めて、違いの観察を試みることもできます。
ぜひ一度、自由で適度なカーブを持つ脊柱の動きを体験してみませんか?

姿勢のゆがみに関するブログ記事はこちらからご覧いただけます。

開店1周年記念、体験キャンペーンの案内(割り引きあり)は
こちらからご覧いただけます。

中央区(築地・銀座・勝どき・豊洲)から便の良い
当スタジオのフェルデンクライスのレッスンで
本当の自身の変化を実感してみてください!

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)