幼児教育に四つ這い(よつばい)がよく出て来る理由。

■最初に確認!
四つ這いは年齢に関係なく追体験することが出来ます。

だから、母子手帳の四つ這い(よつばい)の欄が空いていたり、
期間がとても短かったというご両親こそ知っていて欲しいのです!

よく一般的に四つ這いは大事だというのですが・・・
では、いったい何をしているのでしょう?
ボール赤ちゃん

四つ這いの始めたての頃から上達した頃まで時期があり、
中にはうつぶせ自体を苦手としていたお子さんもいると思います。
一般的には、

●体幹の機能
―伸展の発達と分化
(強く伸ばせる、からだを伸ばしても股関節を曲げられる)
―屈曲・伸展の協調(丸まったり、伸びたり)
―側屈(からだを傾ける、片側を短くしたり長くしたり)獲得
―回旋(ひねる動き、特に三点支持(片手が遊べる)時期)の獲得
●肩のまわりと股関節の支える力の向上
●腕の突っ張って支える力の向上
●交互性の発達(左右の脚、両手が別の動きをする)
●手の発達(手を広げ手の中の筋肉を使う準備、手のひらを感じる)

これだけの要素と関わってくるのです。
これらの経験の不足からくる運動の苦手さも実に多様です。
(階段でぎこちない、転びやすい、片足で立てない、転んでも手が出ない
まだまだ~あります・・・・・・)

でも・・・

しっかりと、お子さんの運動特性と発達の状況を見極めることが出来ると
それはステップアップのチャンスでもあるのです!

経験の不足は何らかの事情でお子さんがそれを選ばなかっただけで
まったくご両親の責任ではないですし、あとから体験することが出来ます。
IMG_8966(小)

フェルデンクライス東京スタジオ り:はーとでは
運動の苦手な状況のお子さんの、発達に必要な運動の要素を見極め
遊びの中で、その体験を提供することで苦手の克服をサポートします。

お子さんの苦手に気づいたご両親はぜひ一度ご相談ください。

子ども向けレッスンの詳細はこちらからご覧いただけます。

開店1周年記念、体験キャンペーンの案内(割り引きあり)は
こちらからご覧いただけます。

フェルデンクライスのレッスンは
本当に自身の変化を実感することが出来ます。

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)