フェルデンクライスの考える「良い姿勢」とは?


今回のブログは前回記事
姿勢を変えることは可能なのでしょうか?
合わせてお読みください。

■「自分のしたいことが、最小の努力で自由にできる」
これがフェルデンクライスの考える良い姿勢です。

普通良い姿勢というと左右対称で、ピンと伸びた姿勢のことを
イメージする方が多いのではないかと思います。

しかし、例えばこんな例があります。

①いつも左回りにコーナーを回り続ける競輪選手にとって、もっともパフォーマンスを
生み出す姿勢ははたして左右対称なのか?

②いつも洗うべきお皿が自分の左から流れて来る・・・そんな仕事をするひとに
とってより良い姿勢はどんな姿勢か?

③いつも特定の場面で身体に痛みが出る、自分ではピンと伸びた良い姿勢だと
思うんだけど・・・。人形 すわり

これらの例から分かるのは・・・
「良い姿勢」は一つではない、自分の求めるもので変わるということなのです!
これがフェルデンクライスの姿勢への考え方だと思います。

そして、「良い姿勢」は

・外見や柔軟さ
・動きの自由さ、感情や思考の自由さ
・快適さ(肉体的・精神的)
・活力のレベル
・現在と将来の健康状態

これらに常に影響をおよぼしています!!

フェルデンクライスのレッスンで
自分にとって「良い姿勢」をさぐって、そして手に入れてみませんか?

フェルデンクライスのレッスンは
本当に自身の変化を実感することが出来ます。

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)