姿勢・感情とフェルデンクライス

■例えば身体が心地よいときに怒れますか?

ヨガをしていても、ピラティスをしていても
もちろんフェルデンクライスをしていても・・・

それをしながら怒ることは出来ると思いますか?
もし出来たとしても、それは良い質の動きになりますか?
ヨガ 女性からだが、どんどん心地よくなっていくときに

自身の感情がどんどん解放され、ストレスを忘れる・・・
誰しも、そんな体験をしたこ とがあるかもしれません。

■ヒトの普遍的な感情、そして姿勢

心理学者ポール・エクマン(Paul Ekman)によれば
人間には人種に関係なく存在し、理解できる

「怒り」 「悲しみ」 「喜び」
「驚き」 「恐怖」 「嫌悪」

基本的な6種類の感情があると言われています。

胸を大きく張ったまま「悲しむ」ことは出来ますか?
下をうつむいたまま「喜べ」ますか?

どちらも基本的に難しいはずです!
体育座りで悩む女性

わたしは大きく胸を張って喜びたいし、うつむいて悲しい気持ちになりたいです。

■フェルデンクライスが着目する、身体と感情

例えば・・・怒るイメージを持ちながらも
呼吸や姿勢をそうでない穏やかな状態に保ってみます。

すると、怒りという感情になることも難しいのです。

つまり・・・

呼吸・姿勢・表情は自身の感情にもお互いに影響を
及ぼし合っているのです。

レッスンによって姿勢や呼吸に起こった変化は
自身の感情にも何らかの影響をもたらします。

それは、特別なことではなく
皆さまが日常的に体験していることです。
青空に手を広げる女性フェルデンクライスは特にこの事実を大事にします!

その姿勢と感情の変化は、教師の意図ではなく
あなたの中に自然に起こると信じています。

レッスンの最中・あとに起こるさまざまな体験は、
こうした他の治療法などと全く違う発想のなかで生まれるのです!

たなかはあなたの変化の可能性にいつも寄り添っています。

フェルデンクライスのレッスンは
本当に自身の変化を実感することが出来ます。

お申し込み・お問い合わせはこのページから直接フォームへどうぞ
個人・グループレッスンの詳細はこちらより確認することが出来ます。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)