うつ伏せでおもちゃと出会う!「うつ伏せし始めの赤ちゃんの話」(前編)

実はほんとの意味で「世界よ、こんにちは!」する瞬間です。

 

今回の記事はおおむね3~5カ月のうつ伏せで頭が「少し」保持できる。

いわゆる首座りの時期の赤ちゃんの話です。

 

このうつぶせの最初の時期には

まだ肘も手もお腹も床を押すことが出来ず、手は頭の下あたりにあります。

サポートのない大変な状況でも

赤ちゃんは果敢に背中の筋肉を使って頭を持ち上げます。

 

はいはい赤ちゃん(小)

 

うつ伏せを始めた初期に赤ちゃんが初めて体験することは

目と耳で水平に世界をとらえるということです。

人間の世界は全て「水平」という世界の法則に従って成り立っています。

赤ちゃんはこのとき初めて大人と同じ世界を知るのです。

 

ea8196c7ce630e79dce03c5bf8f9e378_s

 

抱っこでも見られるのでは?と思わるかと思います。

ところが・・・

大事なのは「自分の力で」ということ、

自分が得たい感覚を自らの力で得ることが出来る。

これを「能動的探索」といって人間の感覚の重要な土台です!

これについては、違う記事でも紹介します。

 

 

手と口とが「水平の世界」で出会い、探索を始める。

 

4cd7ae6e2a144d32da1bbec8aaacf161_s

 

赤ちゃんはこの時にとっても大変な仕事をしているときに、

じつはこのときにおもちゃがあると助かるんですよね・・・

それはなぜか??

長くなりそうなので、後編の記事でその理由を書こうと思います。

近日公開予定です。

うつ伏せでおもちゃと出会う!「うつ伏せし始めの赤ちゃんの話」(後編)

り:はーとの赤ちゃん~子ども向けレッスンの詳細


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)