子どもの運動神経を育てるには、体幹だけ鍛えれば良いのか?

体のコントロール、心のコントロール…もとは同じものです!

 

一般に「運動神経を良くする」というと・・・

スポーツが好き、得意で上手になりたいといった話しをイメージしますよね?

 

走る1

一方で・・・

しゃがめない

階段の上り下りがぎこちない

走るとよろけたり、よく転ぶ

両足でジャンプできない

椅子にしっかりと座っていられない

三角座り(体育座り)が出来ない

といった、もっと基礎的な体の使い方の難しさとして

「運動神経」が語られることも増えてきています。

 

多くの民間療育や、体操教室はグループレッスンを中心に

「スポーツ教育」として、お子さんの「運動神経」を良くしようとします。

「コアスタビリティー」(≒体幹の安定性)を鍛えましょう!

なんて殺し文句はもはや定番です(苦笑)

 

しかし・・・

それだけでは「基本的なからだの動き」に苦手のあるお子さんの助けとしては

全然足りないのです!

生まれてから、数年の間に養われるべきであった

 

動きの分化

ボディイメージの形成

感覚の分化、感覚間の統合

感覚と身体の一致
(視覚・聴覚、前庭系や固有感覚といった身体感覚)

環境との適応

 

これらは全て「脳の中でおこる発達」=神経の組織化であり・・・

骨格や筋肉の発達以上に、お子さんの基礎的な動き、そして運動の力を決定づけます。

 

さらに・・・そのときのお子さんのこころに中で起こっていると思いますか?

 

5cf9d2d86c3b8b8fda485b01e1714077_s

 

気持ちの変化も本当に重要です!

お子さんの「やりたい」を引き出すためには、感情の動きが必要だし

体のコントロールはそのまま感情のコントロールへと影響します!

 
り:はーとでは、

フェルデンクライス・メソッドを通じて

お子さんの基本的な身体の力の向上、そして感情や内面の成熟

基礎的な運動の力の成長を入り口に、お子さん全体の成長を促します。

 

IMG_8648(小)

 

お子さんの将来のために今できることを経験して欲しいと

お考えのご両親はこちらのフォームよりレッスンをお問合せ下さい。


個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)