怪我は治ってきたはずなのに…動くのが怖い!?方へ

「脳」もケガを同時に体験しているのです!

 

ひどい捻挫や骨折といった比較的大きなケガだけでなく

膝や足首、腰など・・・全身の痛みのトラブルは

普通に生活を送る方々であれば、時に経験するものです。

 

Knee pain

 

整形外科に少しの間お世話になって・・・

電気だけ当てたり、シップをもらったりしているうちに

何となく痛みは目立たなくなった?

ところが、いざ動き始めると

何だかうまく立てない・歩けないのです。

 

それはだれにでも起こりうる「動きの困難」

 

スポーツ選手の大けがのトラウマやイップスのような

特別なでき事ではなく・・・

普通に暮らすために必要な歩いて、階段を上ってといった

ごくごく日常の生活の動きが困難になる。

そんなことがなぜ起こるのか・・・?
Brain impulses. Thinking prosess

 

それは体だけでなく「脳」もケガを同時に体験しているからです。

 

恐怖、不安を生む記憶

不使用の学習

   これらが生み出す「怪我した自分」の習慣化

 

これらがケガをした脳に同時に起きる変化として考えられます。

そこで必要なのは・・・

新しい運動の経験による「脳の上書き」です。

 

姿勢の教室 り:はーとは前へ進むあなたをサポートします!

当スタジオの提供する「フェルデンクライス・メソッド」は

あなたがレッスンで体験するであろう

こんなの経験したことのない!!」と、驚くような質の動きを通じて・・・

 

レッスン風景

 

身体と「脳」=神経システムの両面から、

あなたが怪我によって脳に作ってしまった習慣に働きかけます。

 

想像してみてください!

ケガする前とも、ケガした後とも違う・・・

新しい私はどんなチャレンジを望むのでしょう?

自身の不安や状態について、ぜひ一度相談してみたいと感じた方は

こちらのフォームよりぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

 

聞くと嬉しくなるお客様のご感想

それは<したいことが自由にできている>話です。

 

フェルデンクライス東京スタジオり:はーとのたなかです。

先日のレッスンで、お客さまから

「この前2週間旅行に行ってきたよ!とっても楽しかった

そんな話を伺いました。

体のことなんて一切話に出てこない(笑)

こちらから聞いて見て・・・やっと

「そういえばほとんど気にならなかったね」とのこと。

たなかがお客さまから聞いて一番うれしい声や感想は・・・

<やりたいことが、自由に出来ている>

そんなこと。

それは痛みや不調の改善なんてものより、もっともっと先にあるもの!

フェルデンクライスが、たなかが目指しているものです。

だから、お客さまにこの話を伺って

とても嬉しい気持ちになりました。

⇒フェルデンクライス・メソッドとは?を紹介したページはこちらから

⇒フェルデンクライス・メソッドの効果に関するブログ記事はこちらから

無料体験レッスン<RAY☆先生>11月12日の詳細

「座る」ことから自分の体と成長を見つめ直す。

 

日頃より、フェルデンクライス東京スタジオり:はーとのサイトを

ご覧くださりありがとうございます。

11月12日(日曜)開催のグループレッスンの紹介です。

今回も無料の体験レッスンとさせて頂いています

開催日  11月12日(日曜)

時間   11:00~12:15

会費    体験会につき無料

講師   RAY☆先生⇒プロフィールはこちらから

定員   7名

お問合せ・お申込みはこちらのフォームより

今月は都合が合わなかった方は

こちらのカレンダーより来月以降の予定もご確認頂けます。

 

<今回のテーマ:RAY☆先生より>

今回のレッスンでは「座る」ことを楽にします。あたりまえにやっている動作でも、いろんなやり方、からだの使い方があることがわかります。

自分が日ごろものすごく力を使っていて、実はもっと簡単に楽に動けることに気づいたりもします。

まずは、大切な自分自身に一番の関心を払いながらあれこれ動けるようになることを、ぜひ経験していただきたいと思います。

RAY☆先生のブログ記事はこちらから

RAY☆先生のプロフィールはこちらから!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ATMはフェルデンクライス・メソッドのグループレッスン

Awareness Through Movement (動きを通じての動き)のことです。

フェルデンクライスには、

大人になってからはしなくなった動きや、

あまり日常ではやらない簡単な動きがたくさん含まれています。

やってみるとわかるのですが、

自分で思う以上にどんなかたの身体も、いろいろなことをもともと知っています。

そういまからでも、十分、自由に動けるようになります!

動くときの気持ちも、ずっと気にならなくなっていくでしょう。

 

 

SONY DSC

 

今まで当店のフェルデンクライスには興味があっても

いきなり個人レッスンは・・・。

女性の先生だと安心なんだけと・・・。

そんな風に感じていた皆さまは

これを機会にぜひお問合せいただき、一度スタジオに足をお運びください!

お問合せ・お申込みはこちらのフォームより

階段の降りられない子ども(後編):子ども自身が決める本当の成長。

子どもの選択を尊重することが、本当の成長を支えます!

 

後編では、前回の前編記事でお話しした

「お父さん・お母さんに必ず話す大事なこと」を紹介します。

と言っても、実際はとても簡単で・・・

実は、「助けを求めてきたら手を差し伸べて」

これだけなんです。例えば、下の写真は

 

手をつなぐ 母と子

 

お母さんが、お子さんの手をつかんでいます。

これでは違うんです!!

本来は、お子さん自身で階段を見て、体で感じて

自分に可能かどうか?恐怖心を克服できるか?を判断します。

お子さんが「助けを必要と感じ」選択し、その結果として

お子さんがご両親の手・指をにぎるのです!

 

手をつなごう

 

写真の女の子は、このとき

「手をつなぐのか?」悩んで一瞬止まりました。

そして最初のうちは両手で、教師の指をつかんでいました。

 

手をつなぐ
しっかりと登り切りましたね!!

そして、繰り返して遊んでいるうちに・・・

段差動画

 

お子さんの大丈夫と感じたら、自然と手は離れていきます。

そのために必要な要素を考えて、

レッスンをおこなう必要があるのですが、それには教師のサポートが必要です。

り:はーとの子ども向けレッスンの詳細

 

ただし、重要なことがひとつ!

お子さんにとっての「支え手」であるときには、例え手をつないでいなくも

ふらついたり、転びそうになったときに

確実に体を支えられる位置にいて、気を配っている必要があります。

からだも心も支える、そこまでが支え手の役割です。

 

IMG_8954

 

お子さんが手を求めてきたときに

差し出すそのご両親の手は・・・

お子さん自身を尊重する」ことの表明です!!

実は多くの子育てに役だつ考え方でもあるとたなかは感じています。

ぜひ一度試してみてくださいね。

※よく「多動」と言われてしまうようなお子さんについては

関わり方が違います。安全のために手をこちらでつかむ必要もあります!

⇒階段の降りられない子ども(前編):あなたは手を離すのか?それとも・・・。

階段の降りられない子ども(前編):あなたは手を離すのか?それとも・・・。

あなたの支えが必要だから!それは心身ともに。

 

甘えではありません!必要だから手をつなごうとするのです。

 

mère et fille

 

スタジオでお子さんの運動についての相談を受けるのですが

階段のこともよく耳にするものの一つです。

「階段の下りで手すりを離せない」

「大人と同じように片足ずつ降りられない」

「足や体の動きがぎこちない」

階段のことは、どこで相談したらよいのか分からない・・・。

病院でも、体操教室でも「様子をみましょう」と言われる。

こんなご両親の疑問・不安にり:はーとでは対応することがとても多いです。

 

相談小

 

結論から言えば・・・

それは、お子さんの体の発達の中で苦手な要素があるということです。

病気や何らかの障害をお持ちの子もいるかもしれません。

しかし、ある運動の要素だけが苦手なお子さんもいます。

(運動が不器用、苦手という相談と重なることも)

重ねて・・・

「お子さんの甘えではない」とたなかは考えます!!

お父さん・お母さんには

子どもの必要とする限り手を差し伸べて欲しいのです。

 

1、体の準備が出来ていること。

2、自らを奮い立たせる「自我」そして「克己心」が育っていること。

3、励まし・ときに支え・ともに喜ぶ「支え手」がいること。

 

ここでは両親がお子さんの支え手です。

この3つが整っていて、お子さんは新しい一歩へ進んでいきます。

そしてやがて、握っていた手を自ら手放すことでしょう。

 

海で手をつなぐ親子

 

その時が来るまで・・・

お父さん・お母さんはお子さんを支えていて欲しいのです。

お子さんの手を払いのけたり、怒ったりしても、全く解決しません

 

それでは階段に必要な体・運動の要素のどれを補えばよいのか?

り:はーとではお子さんのお力に合わせて、レッスンをおこないます。

り:はーとの子ども向けレッスンの詳細

 

IMG_9176(小)

 

そして・・・

お父さん・お母さんに良い「支え手」になってもらうために、

たなかがいつもお願いしているとても大事なこと

近日公開の(後編)で紹介したいと思います。

階段の降りられない子ども(後編):子ども自身が決める本当の成長。

<RAY☆先生より>私たちはみんな「天性の学習者」(後編)

あなたにはあなたのペースがある、これがもっとも大切なこと!

 

多くの人が正解としていても、

「実は自分にあったやり方の選択肢はあり、学ぶことができる」

ということをわかることがとても大切です。


子供は自由に身体と空間を使いますが、

大人になると決まった生活習慣に使う動き以外は制限・制約が多くなります。

さらに、他人の比較やコンプレクスも含めて

ある時期にやめてしまった動作や動き

そしてそぎ落とされた対処として

そればかりやるようになった動きの積み重ね=習慣が、

長い間に、例えば腰や肩の痛みになっていったりします。

 

 

フェルデンクライスには、

大人になってからはしなくなった動きや、

あまり日常ではやらない簡単な動きがたくさん含まれています。

やってみるとわかるのですが、

自分で思う以上に!

どんな人の身体もいろいろなことをもともと知っています。

 

SONY DSC

 

そういまからでも、十分、自由に動けるようになります!

動くときの気持ちも、ずっと気にならなくなっていくでしょう。

まずは・・・。

大切な自分自身に一番の関心を払いながらあれこれ動けるようになることを

ぜひ経験していただきたいと思います。

 

講師Ray☆さん 写真

 

この記事の前編はこちらから

RAY☆先生のグループレッスンの開催案内はこちらから

<RAY☆先生より>私たちはみんな「天性の学習者」(前編)

脳は、死ぬまで、いつからでも学び続けます!

 

私の例をあげますが、

子供のころから大変な「運動音痴」でした。成績は常に五段階の1か2。

ほら、クラスで体育の授業をすると、校庭のすみっこに分けられてしまうあのチーム(笑)

何をやってものろのろ、モソモソ。

5cf9d2d86c3b8b8fda485b01e1714077_s

 

でも今では・・・

私はそもそも「物覚えの’悪い’’ひとなんていない」と考えています。

座ること、立つこと、お箸を使うこと。

日常やっていることは、みんな私たちはひとつひとつ学んできたはず。

それには私たち人間のそもそもの仕組みで、

私たち人間はみんな『天性の学習者』なんです!!!!

そうしてできなかったことを今振り返れば

「やり方を具体的に教わっていない」か、

「覚え方が私にあっていない」か、

あるいは、覚える過程で叱責されたか、その記憶がずっとくっついていて

動きそのものすることを邪魔していたか。

いずれかだったなあ、と今は思います。

 

どんなことも、興味をもって、やってみて、試してみて、

自分がどうやってそれをやっているかを知り、

また試して上達していく!

これ日常動作も、スポーツも、同じこと。

そして、動くのは身体の手や足であっても、学んで動かすのは脳。

脳は、死ぬまで、いつからでも学び続けます。

この考えは、フェルデンクライスの基礎にもなっている考えです。

fotolia_70300368_xs
おかげで私は今では億することなく

何でも楽しくできるようになり踊ったり、歌ったりできるようになりました。

でも、運動音痴や不器用さを大人になって自覚してしまうと、

「私は鈍い」「私はできない」とか「できないことは悪い」と

判断を入れてしまうことで、そこで進歩を止めてしまうのですよね。

さらには、できない自分を責めてしまったり。

でも、知ってます?

脳は、責められること、不快なことが大っきらい。何の役にも立ちません。

まして人のと比べて???なんてやりがちですが、 ・・・ ほっときましょう。

本当に邪魔ですから。

 

続きは<後編で>こちらからどうぞ!

フェルデンクライスとは?ブログ記事へのリンクです。

10月無料体験会開催!RAY☆先生のグループレッスン

RAY☆先生のフェルデンクライスのATMレッスン!

 

今後も月1回日曜日に開催です!

日頃より、フェルデンクライス東京スタジオり:はーとのサイトをご覧くださりありがとうございます。

このたびり:はーとでは講師に

フェルデンクライス公認教師のRAY☆先生をお招きして

毎月日曜にATMの定期レッスンを開催することになりました。

 

SONY DSC

 

ATMはフェルデンクライスのグループレッスン

Awareness Through Movement (動きを通じての動き)のことです。

今まで当店のフェルデンクライスには興味があっても

いきなり個人レッスンは・・・。

女性の先生だと安心なんだけと・・・。

そんな風に感じていた皆さまは

これを機会にぜひ一度スタジオに足をお運びください!

 

それでは無料体験会の詳細をご案内させて頂きます。

日時:10月15日(日曜)

11:00~12:15

会費:無料

講師:RAY☆先生⇒プロフィールはこちらから

定員:7名

お問合せ・お申込みはこちらのフォームより

今月は都合が合わなかった方は

こちらのカレンダーより来月以降の予定もご確認頂けます。

Yさま感想

「体の動き方」という発想がなかった・・・。

<子供向けレッスンのアンケート>

※4歳のお子さんのレッスンです!

■ご来店された理由

運動能力の向上

■レッスンを受けての変化

子どもに体の使い方を教えるという発想がなかったので、大変参考になりました。

■スタッフの印象

子どもがいらっしゃる同じ目線で丁寧に教えてくださって、非常に好感が持てました。

子供の良いところをたくさん指摘してくださって、とても参考になりました。

 

その他の<お客様のこえ>はこちらからご覧いただけます。

子ども向けレッスンの詳細はこちらのリンクをご覧ください。

rehaart_yokotori

※感想はお客様の主観に基づくものであり        
全ての方に同じような効果を保証するものではありません。

赤ちゃんの体が硬いと何が困るのか⇒子どもの将来のために(2)

動くことの発達は、知的な発達や自分自身(自我)の発達ともリンクする・・・だから今が大事!

前回の記事では「赤ちゃんの体の硬さは邪魔」と書きました!

例えばごく一例をあげると・・・

 

「姿勢の安定」が、

目を水平に安定させて「見る力」の土台となり、

それによって違いに気がつくこと(知的な力)に発展するように。

 

kid0053-009(小)

 

興味ある物に「手が届く」、「そこに動ける」ことが

自分自身が有能感を感じ、

それが自分自身(自我)を作ること助けるように。

 

                     その先に何があるのかな??

つまり、動くことの発達は

知的な発達自分自身(自我)の発達ともリンクしているのです。

 

だから

 

赤ちゃんの体の硬さは、動くことの発達を邪魔することで

お子さんの様々な成長の可能性を妨げます。

 

もちろん後から体験する機会を得ることもあるのですが

赤ちゃんの人生の貴重な時期に、様子を見ているのはもったいない!

単なるマッサージでも、もちろん役に立ちます。

しかし・・・

本質が「動きの発達」である以上、

硬さを緩めるのと同時に、赤ちゃんの体の動きを

小さなステップから確実に後押しする必要があります。

ここでり:はーとの「子ども向けレッスン」は力を発揮します。

スクイーズ

 

お母さんのお子さんの体への気づきと、将来のために「今」という思いが

お子さんの発達に良い影響を与えることが出来るのです。

SPO_2397
子どもの将来に「やりたいことが出来る体」という宝物を残したい

そうお考えのご両親はこちらのフォームより

お子さんの体の硬さの悩みやレッスンについて、ぜひ一度ご相談ください。

赤ちゃんの体が硬いと何が困るのか⇒子どもの将来のために(1)

本当に様子見で良いのでしょうか?硬さは邪魔をする!

 

「うちの子ども・・・何でこんなに体が固いんだろう?」

そうお感じのお母さん、お父さんが増えています。

 

a0006_001383

 

多くの赤ちゃんやそのお母さんと関わる中で

赤ちゃんの体か硬い(固い?)という相談をたくさん頂きます。

また、インターネットの検索キーワードでも

赤ちゃんの体・背中・肩・腕・股関節が固いという言葉で

り:はーとのホームページをご覧になる方が増えています。

 

まるで「大人のように」固い!

実際にそういったお子さんに触れると、そんな印象を受けます。

(その理由は大人と少し違うのでは?とたなかは感じていますが)

 

IMG_1621

 

病院や検診で聞いて見ると・・・「個性」ですよ~。

だから様子を見ていきましょうと言われることが割と多いようです。

 

 

でも、ちょっと待ってください!

それでは、お子さんの貴重な時間を損しているかもしれません!

なぜなら、お子さんの体が固いことは、

お子さんの将来の可能性に、大きなフタをしているかもしれないのです!

もっと言えば・・・

単に赤ちゃんの硬さは個性などではなく、邪魔なものです!

 

Fotolia_97091129_XS

 

続きの記事では

赤ちゃんの体の硬さ、体・知能・自我の発達の関係と

子どもの将来のために出来ることを紹介します。

赤ちゃんの体が硬いと何が困るのか⇒子どもの将来のために(2)

り:はーとの子ども向けレッスンのご紹介

体の緊張が解けない方に⇒休息のスイッチの入れ方

休みたいのに休めない…脳まで過緊張になっている。

 

自分の体の緊張を緩められない、いつも体がガチガチに硬い。

そんな悩みをお持ちの方。

そんな方は・・・

いつも自分が休まらない=どうやって休んでよいのか分からない。

そう感じてるのかもしれません。

 

眠い

 

例えば、こんな話を訴えてご来店されるお客さまがいました。

「やっと仕事を終えて、ベットまでたどり着いたのに

何やら考え事が頭を浮かんできて目がさえて眠れないんです」

考えすぎの脳

 

つまり、体と脳は同時に「過緊張」の状態になっています。

 

り:はーとでは

一時のリラックスとなるマッサージやエステでの施術と違い

「自分でリラックスした状態になれる」

ここを一つの目標にレッスンをおこないます。

もちろん一時的なリラックスも確実に得られます!

 

実際のレッスンは、

まずは自分自身の呼吸の様子を観察することから始まります。

 

観察(ベット)

 

教師は、ガチガチなあなたの体が自由に動き

自分の感覚に気づきやすくなる下地を作りだします。

 

そくがいレッスン

 

段々と自分の呼吸が大きく楽になっていくことを、

そして自らの感覚でその変化を感じ取れるようになるに違いありません!

そのころには副交感神経と交感神経のバランスが整い

自分の脳から余計な考えがスッキリします。

体の緊張も和らぎ、スヤスヤと穏やかに休めるようになっていくでしょう。

 

ここまで読んで、これって私のことかも・・・。

そう感じた方はこちらのフォームより今のこころと体の緊張に関する

悩みをぜひご相談ください。

知ると子供と親のストレスが減る…子どもの発達と「ゆらぎ」とは?

お母さんのストレスは減り、子供の発達のチャンスに気がつきます!

日ごろから、子育てに奮闘しているご両親

きっとお子さんのやること、なすことにイライラを募らせる。

そんなときもあるでしょう。


それにしても・・・こんな疑問も持ったことはありませんか?

 

なぜ、ある日「できてた」ことがまた「できなく」なるのか?

あれっ?と思うように成長を感じる瞬間があるのはなぜか?

おさなく見えたり、大人に見えたりするのは?

 

それはお子さんの発達が順調に起きている証拠であり

ゆらぎ」という状態です。

そもそも子供の発達は一定ではありません!

よく発達は階段のように、というのですが・・・

 

 

こんなイメージではありません。

「できること」も「できないこと」もそのリズムもまちまちな、

 


こんなイメージです。

お子さんの発達は「自己組織化」という脳の機能によって

導かれていきます。

その統合の過程で「ゆらぎ」は出現する。つまり、一定ではだめなのです。

子供に同じことをお願いして、「出来た」とき「出来なかった」ときが

あったら・・・成長のステップを進んでいるんだと気がついてあげてください。

そして、小さな後押しをしてあげると・・・

お子さんにとって本当の学びと発達を促します。

 

SPO_2397

 

いつもお母さんの相談に乗っていると感じるのは、

「理由が分かる」と安心するということです!

お子さんの不思議な(困った)行為の中に

お子さんの中にある「ゆらぎ」に気がついてあげてくださいね。

 

り:はーとの子供向けレッスンは

お子さんの学びを「脳」の機能という側面からもサポートします。

発達への支援が必要な子供向けレッスンの内容はこちらからご覧ください

 

8月29日めぐりあプラネット「たなかだいすけのかしこい体づくり」

お子さんの個々のペースを大事に、成長の手助けをします!

 

8月の「たなかだいすけのかしこい体づくり」は

いつもと同じ会場、

自由が丘の、緑が丘文化会館(和室)で28日(火曜)に開催されます!

毎回グループもパーソナルも満員御礼に近くなり

赤ちゃん、お母さんへのサポートの必要性を痛感しています。

めぐりあH29年6月① めぐりあH29年6月②

月齢が違うグループが1日に3クラス開催中!

今後、さらに増える予定です。

めぐりあH29年6月③

パーソナルレッスンでは

特にお子さんのことで不安や悩みを持ったお母さまを対象に、

お子さんの全身の様子を理学療法士としての医学側面も含めチェック。

身体・内面(知能・自我)と発達全体から見た

関わり方、遊び方を実践的にサポートします!

めぐりあ、パーソナル1 めぐりあ、パーソナル2

 

「かしこい体」クラスが提供するのは、情報ではなく・・・

実際的なお子さんへの、体の動きを後押しする支援です!

 

本当に「こどもの体の発達支援」が必要とされていることを実感しています!

目黒区外からの参加も可能とのことです。

最近は定員に近い人数のご参加を頂いていますので

今月や来月以降の開催分に興味がある方はお早めに

こちらのフォームよりご相談ください。
(主催めぐりあプラネットの担当へ話をつなげます)

 

なぜ体が柔らかい人も体が痛いの?筋トレしないとだめですか?

自分の姿勢を学ぶ教室はトレーニングをしません!

自分の体のことを知れば、あなたはもっと健康になれるはずです。

 

 

自分の体は硬い・・・と感じているひとはたくさんいると思います。

ところが、みんなそうなのかというと…

なかにはその真逆の悩みを持った方がいるのをご存知ですか?

実際にうちのスタジオにも何人かお越しですが、

からだが「柔らかい」のです。

それも自分自身を支えることが難しいくらい・・・。

 

ねこふにゃ

 

ひょっとしたら体か硬いほうが不健康柔らかいほうが健康的に違いない

そう考えている方も多いのではないでしょうか?

でも、私たち人間は「地球で」生きてきます。

オギャーとお母さんのおなかから出てきた瞬間から

私たちはその生涯をかけて「重力と適応する」という大きな仕事を課せられるのです。

重力1
私たちが立って生きている以上は、体を支えるために

全身のどこかに力の集中が起こって・・・それが痛みの原因になるのです!

フェルデンクライスのレッスンを経験すると、

筋肉ではなく、全身の骨=骨格全体で自分を支える感覚に気づくでしょう。

 

そくがいレッスン

 

いくらマッサージで揉んでもらっても取れない痛みや

バランスの悪さ、体のゆがみ

これらをスッキリ!するために自分の姿勢を知りたい方は

こちらのフォームより、ぜひ一度レッスンをご予約ください。

最近の投稿

カテゴリー

個人レッスン予約状況

フェルデンクライス・メソッド ゴルフを変える20のレッスン ~トッププロ実践! スイングとメンタルの改善法~
[単行本(ソフトカバー)]
田中 大祐【フェルデンクライス・メソッド教師/理学療法士】 (著)